日焼け止めの作り方

オゾンホールの影響で、強烈な紫外線が降り注ぐニュージーランド。 わたしが実践してきた、手作り日焼け止めレシピです。 二酸化チタンなどの紫外線反射剤を使うので、とても肌にやさしいものが作れます。 シワやシミの原因になる紫外線を、毎日しっかりと防止して、きれいな肌を保ちましょう。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)  

ベーシックサンスクリーンクリーム

軽い塗りごこちの、生クリームみたいな手作り日焼け止めクリームです。
リキッドタイプのファンデーションを重ねてつけられる方には、軽めのタイプがいいかなと思って作ってみました。
デイリーケアにどうぞ。

材料
作り方
ホホバオイル、エミュオイル、植物性乳化ワックス 、ミクロ粒子二酸化チタン、ミクロ粒子酸化亜鉛を耐熱容器に入れ、湯煎にかけます。
植物性乳化ワックスが溶けたら、オイルとよく混ぜ合わせてください。
1.と同時にラベンダーウォーターを耐熱容器に入れ、湯煎にかけ70度くらいまで温めます。
1.に温まった2.を加え、ミルククリーマーや、泡だて器でクリーム状になるまで 、よく混ぜ合わせます。
最後に、温度が下がってきたら、ビタミンEトコフェロールオイルも加えて、よく混ぜたら出来上がりです。

天然防腐剤GSE、または、ラディッシュエクストラクトを加える場合も、ここで加えてください。
ringa ringa's Memo

水分の量で、クリームの固さは調節できます。
塗りやすい固さにはお好みがあると思いますので、ご自分で調節してみてください。

SPF値は、20くらいが期待できます。

二 酸化チタンと酸化亜鉛を加えると、クリームが生クリームみたいに白くなってとってもキレイです。

冷蔵庫で保存して、2週間を目安に使ってください。
天然防腐剤シトラスシードエクストラクト(GSE)を使用している場合は、2,3ヶ月間保存可能です。
ラディッシュエクストラクトを加えた場合は、約半年間保存可能です。

  • ホホバオイルピュア
    肌質を選ばず、さらっとしていてべとつかない軽い使い心地のオイルです。
    コラーゲンに似た皮脂に近い成分で、皮脂のバランスを整えるといわれます。
  • エミュオイル100%ピュア
    エミュという鳥の脂肪から精製されたオイル。
    オレイン酸、リノール酸を豊富に含み、日焼け後、肌荒れなどに役立ちます。
    肌に浸透しやすく、刺激が少ないのが特徴です。
  • 植物性乳化ワックス
    肌になじみの良い安定した乳化状態のクリームが手軽に作れます。
  • ラベンダーウォーター
    ハーブの女王、ラベンダーから抽出される用途の広い フローラルウォーター(ハーブウォーター)です。
    皮脂のバランスをとり、日焼けやニキビのケアに効果的です。
  • ビタミンEトコフェロールオイル
    皮膚がダメージから回復するのを助け、紫外線や公害からの保護にも役立ちます。
    酸化を防ぐ働きがあるので、老化対策にも良いといわれます。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。