日焼け止めの作り方

オゾンホールの影響で、強烈な紫外線が降り注ぐニュージーランド。 わたしが実践してきた、手作り日焼け止めレシピです。 二酸化チタンなどの紫外線反射剤を使うので、とても肌にやさしいものが作れます。 シワやシミの原因になる紫外線を、毎日しっかりと防止して、きれいな肌を保ちましょう。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)  

美白UV乳液美白+日焼止め

新しくなったアルブチン原末と、乳液ベースを使った手作りの簡単日焼止め乳液レシピです。
火を使うこともないので、失敗もなくUV乳液が完成します。
紫外線はもちろん、美白も気になる方に。
サラッとしているので、化粧下地としてもお使いいただけます。

材料
作り方
フェイス用乳液ベースを、ボールに移し、アルファアルブチン原末を加え、良く混ぜ合わせます。
1.に、半分の分量のミクロ粒子二酸化チタンを加えて、丁寧に良く混ぜ合わせます。

混ざったら、残りを加えて、もう一度よく混ぜ合わせます。
最初は、 左写真のように、コナコナな状態になりますが、しばらく混ぜていくと、徐々に馴染んできます。
カモミールジャーマン精油を加えて、もう一度混ぜ合わせたら出来上がりです。

カモミールジャーマン精油は、きれいなブルー色をしています。
保存容器には、人気のブルーコスメ容器を使いました。

出来上がりは、ミクロ粒子二酸化チタンの細かい粒子が、少しだけ見えることもありますが、そのままお使いいただいて大丈夫です。
ringa ringa's Memo

乳液ベースを使っているので、伸びもよくて、簡単UVクリームレシピよりも、さらにサラッとした塗り心地です。

ベタつきが少ないので、化粧下地としても使えます。この日焼止めクリームで、SPF値20~25ぐらいが期待できます。

美白素材のアルファアルブチン原末は、継続的なご使用がおすすめです。
デイリーに使う日焼止めに加えておくと、毎日使えていいですよね。

やけどや炎症など、スキンケアによく使用されるカモミールジャーマン精油入りです。
とってもフルーティーな香りのUV乳液になりました。

もちろん、お好みの精油を使ってもOKです。

フェイス用乳液にはあらかじめ保存料が入っていますので、別途加える必要はありません。
1,2ヶ月を目安に使ってください。
色や香りが変わったりした場合は、使用を中止してください。

  • フェイス用乳液ベース
    保湿力高めの夜用クリームベースです。
    クリーム作りが面倒な方にとてもおすすめの、ナチュラルクリームベースです。
  • アルファアルブチン原末
    アルブチンは、メラニン色素の合成を抑制するとされ、一般の化粧品には、美白、ホワイトニング、アンチエンジングを目的に使用されています。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。