日焼け止めの作り方

オゾンホールの影響で、強烈な紫外線が降り注ぐニュージーランド。 わたしが実践してきた、手作り日焼け止めレシピです。 二酸化チタンなどの紫外線反射剤を使うので、とても肌にやさしいものが作れます。 シワやシミの原因になる紫外線を、毎日しっかりと防止して、きれいな肌を保ちましょう。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)  

たっぷり家族で使える日焼止めクリームみんなで安心

ご家族でお使いいただけるように、大きめの容量の手作り日焼止めクリームです。
シンプルな材料なので作りやすくて、やさしい使い心地を実感していただけると思います。

手作り日焼止めの作り方は、動画でもご覧ください。

材料
作り方
ホホバオイルピュア、植物性乳化ワックス、ミクロ粒子ニ酸化チタンを、同じ耐熱容器に入れ、湯煎にかけ温めます。

植物性乳化ワックスが溶けてきたら、よく混ぜ合わせてください。
同時に、精製水を別の耐熱容器に入れ、湯煎にかけ温めます。
2.の精製水が60~70度ぐらいまで温まったら、湯煎から下ろして、1.に加え ます。
ミルククリーマーや泡だて器で、クリーム状になる(乳化する)まで、 しっかり混ぜ合わせます。

クリームになるまでは、ミルククリーマーで、通常5~10分程度です。

クリームがまだ温かいうちは、柔らかすぎる感じがするときがあります。
柔らかくてもご使用にはまったく問題ありませんが、冷めてくると、通常冷めてくると、しっかりした質感のクリームになります。
最後に、真正ラベンダー精油、保存料のラディッシュエクストラクトを加えて、もう一度混ぜ合わせたら できあがりです。
清潔な保存容器に入れてお使いください。
使いやすいポンプボトルを使いました。
ringa ringa's Memo

本格的な手作りの日焼止めクリームです。
肌への負担も少なくて安心。
顔、首、腕など、全身に使えます。

家族みなさんで、毎日の紫外線、日焼け対策に。
ベースのホホバオイルは、肌質を選ばない使い心地で人気です。

手作りなので、やさしい気持ちも一緒に伝わります。
植物ベースなので、敏感肌の方、小さいお子さんにもどうぞ。

 

この手作り日焼止めクリームで、SPF値20+ぐらいが期待できます。
レシピ内のミクロ粒子ニ酸化チタンは、紫外線かく乱剤と呼ばれ、市販品に加えられている
紫外線吸収剤に比べて、やさしい使い心地です。
紫外線カット効果も高くて、塗っても白浮きしません。

リラックスの真正ラベンダー精油で、殺菌作用も期待しました。
お好みの精油を使ってもOK。
精油濃度は薄めの1%にしてますが、以下を目安にされるとより安心です。

  • 0~3歳まで
    精油を加えないで作る。
  • 3~12歳まで
    精油の分量を、付属レシピの半分以下で作る。
  • 12歳~
    レシピ通りの分量で。
  • 妊娠中の方
    通常は問題ありませんが、気にされる場合は、
    精油の分量をレシピの半分、または加えないでどうぞ。

冷蔵庫で保存して、2週間を目安に使ってください。
ラディッシュエクストラクトを加えた場合は、6ヶ月目安に保存可能です。
色が変わったりした場合は、使用を中止してください。

このレシピを便利なセットで  たっぷり家族で使える日焼け止めクリーム(送料無料)
※容器が新しくなって使いやすくなりました!

  • ミクロ粒子ニ酸化チタン
    粒子径が非常に小さく、透明性に優れていて、肌に塗ったときに白浮きしません。
    UVA、UVB両方に効果を持ち、SPF値の高いサンケア用品に使用されます。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。