手作り日焼け止めの作り方

オゾンホールの影響で、強烈な紫外線が降り注ぐニュージーランドで、わたしが実践してきた、手作り日焼け止めレシピです。 手作りでは二酸化チタンなどの紫外線反射剤を使うので、とても肌にやさしいものが作れます。 シワやシミの原因になる紫外線をしっかりと防止して、きれいな肌を。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)

オールインワン日焼け止めスキンケア効果も

人気のコエンザイムQ10、海藻コラーゲン、そしてガンマオリザノールを加えた、日中のスキンケアも兼ねたオールインワンの日焼け止めクリームです。
オイル分には、酸化しにくいオリーブスクワランオイルを使いました。

まとめ作りのレシピとして、基本のUVクリームの倍の分量で作ってみました。
あたたかい季節の使用が多くなるので、天然保存料のラディッシュエクストラクトを加えています。

材料
作り方
[A]のすべての材料を計量して、耐熱容器に入れ、湯煎にかけます。
1.と同時に[B]のラベンダーウォーターを別の耐熱容器に入れ、湯煎にかけ温め ます。

[A]が温まって、中の植物性乳化ワックスが溶けてきたら、よく混ぜてください。
[B]のラベンダーウォーターが60~70度ぐらいまで温まったら、湯煎から下ろし、[A]に加えてよくかき混ぜ ます。
泡だて器、または、ミルククリーマーで、クリーム状になる(乳化する)まで、じっくり、よく混ぜていきます。

休憩しながらで、OKです。
クリーム状になったら、[C]の材料、コエンザイムQ10、海藻コラーゲン、ラベンダー精油、ラディッシュエクストラクトを加えて、もう一度よく混ぜてください。

コエンザイムQ10の黄色っぽい日焼け止めクリームが、出来上がりです。
温かくて柔らかいうちに、保存容器に移すと移しやすいです。
出来上がりは、100ml前後になります。

持ち運びにも便利なフリップトップローションボトルを使ってみました。
ringa ringa's Memo

UVカット効果の高い、ミクロ粒子ニ酸化チタンを使った手作り日焼け止めクリームです。
SPF値は20ぐらいが期待できます。

人気の有効成分を加えた、スキンケアも兼ねた手作り日焼け止めクリームです。
このクリーム一つでいいので、お気に入りです。

伸びも良く、お肌へのなじみのいい感じで、塗った後も白っぽくなりません。

ラディッシュエクストラクト入りなので、冷蔵庫で約半年間保存可能です。
保存期間中でも色が変わったり、カビなどが生えてきた場合は、使用を止めてください。

  • コエンザイムQ10 リポソームコーティング
    コエンザイムQ10は、抗酸化力を持ち、老化(特にシワ)対策に役立ちます。
    老化防止や日焼けあとのお手入れ、水分不足の肌のお手入れ、シワ防止に。
  • 海藻コラーゲン
    加齢や環境により、お肌の弾力を保つコラーゲンの繊維が失われ、シワやたるみの原因となります。
    お肌のハリと弾力にお役立てください。
  • ミクロ粒子ニ酸化チタン
    粒子径が17nmと非常に小さく、透明性に優れていて、肌に塗ったときに白浮きしません。
    UVA、UVB両方に効果を持ち、SPF値の高いサンケア用品に使用される二酸化チタンです。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。