乳液(本格的)の作り方

クリームよりも水分を多く含んだ、手作り乳液レシピ集。 とろとろのミルクローションのような手作り乳液が作れます。 初めて作る方は、「作り方のポイント」のページも参考にしてみてください。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)

基本の手作り乳液ベーシックレシピ

植物性乳化ワックスを使うと、ビーズワックスを使った軟膏のようなクリームとは違い、市販の乳液のような柔らかい 手作り乳液が作れます。

植物性乳化ワックスは、油分と水分をキレイに混ぜ合わせてくれる天然の固形ワックスです。
肌にもやさしいので、ぜひトライしてみてください。
ベーシックな手作り乳液の作り方です。

材料
作り方
ホホバオイル、アプリコットカーネルオイルと植物性乳化ワックスを耐熱容器に入れ、 植物性乳化ワックスが溶けるまで、湯煎にかけます。
溶けたら、オイルと混ぜ合わせてください。

同時に別の容器に精製水を入れ湯煎にかけ、60~70度まで温めます。
60~70度に加熱した精製水を、1.に3回に分けて、少しずつ加えます。

よく混ぜて乳化したら、また少し加えてさらに乳化するまでよく混ぜる、という風に繰り返し行い、すべての量を加えます。

乳化してトロトロになったら、エッセンシャルオイル、ビタミンEトコフェロールオイル、シトラスシードエクストラクト(GSE)、または、 ラディッシュエクストラクトを加えて、さらに混ぜ合わせます。
清潔な保存容器に入れて、冷ましたら出来上がりです。

ローションポンプに入れてみました。
ringa ringa's Memo

私が乳液作りの時に、目安にしている基本の分量です。
乳液の固さは、水分の量で調節できるので、お好みの分量を探してみてください。

このレシピで使用しているホホバオイルやアプリコットカーネルオイルに替えて、ローズヒップオイルなどの、それぞれ特徴のあるオイルを使って、いろいろな効果の乳液を作る事が出来ます。

また、精製水をフローラルウォーターに替えて作ると、さらに良い乳液になります。
色々試して、お気に入りのレシピを作ってみてください。

出来上がりの分量は、180mlぐらいです。
エッセンシャルオイルは、肌の悩み別精油も参考にしてみてください。

冷蔵庫に保存して、 1~2週間程度で使い切ってください。
天然防腐剤シトラスシードエクストラクト(GSE)を加えた場合は、2,3ヶ月間保存可能です。
ラディッシュエクストラクトを加えた場合は、約半年間保存可能です。

  • ホホバオイルバージン ホホバオイルピュア
    すべての肌質に合う、さらっとして、べたつかずソフトな使い心地でとても人気のあるオイルです。
    コラーゲンに似た皮脂に近い成分なので、肌への浸透がよく、皮脂のバランスを整えるといわれます。
  • ビタミンEトコフェロールオイル
    皮膚がダメージから回復するのを助け、紫外線や公害から肌を守ると言われます。
    抗酸化作用で、しわやたるみなどの老化を防ぎ、栄養を与え、肌を柔らかくするのに役立ちます。
  • アプリコットカーネルオイル
    保湿力に優れ、フェイスケアに向いています。
    ビタミンA.Bを含み、疲れた肌に潤いを与え るといわれます。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。