手作り日焼け止めの作り方

オゾンホールの影響で、強烈な紫外線が降り注ぐニュージーランドで、わたしが実践してきた、手作り日焼け止めレシピです。 手作りでは二酸化チタンなどの紫外線反射剤を使うので、とても肌にやさしいものが作れます。 シワやシミの原因になる紫外線をしっかりと防止して、きれいな肌を。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)

スノーホワイトの日焼け止めクリームしみを防ぐ

抗酸化と消炎が期待できるスノーホワイトエーデルワイスを配合した、手作り日焼け止めクリームのレシピです。

ラズベリーシードオイル配合で、日焼け止め効果アップにも期待しました。

ワンランクアップの日焼け止めで、紫外線のダメージを軽減して、光老化防止を目指しましょう。

材料
作り方
ラズベリーシードオイル、ミクロ粒子ニ酸化チタン、植物性乳化ワックスを、同じ耐熱容器に入れ、湯煎にかけ温めます。

植物性乳化ワックスが溶けてきたら、よく混ぜ合わせてください。
1.と同時に、精製水を別の耐熱容器に入れ、湯煎にかけ温めます。

精製水が60~70度ぐらいまで温まったら 、湯煎から下ろし、1.に加えます。
ミルククリーマーや泡だて器で、クリーム状になる(乳化する)まで、じっくりよく混ぜ合わせてください。

クリームになるまでは、ミルククリーマーで、通常5~10分程度です。

左写真のように、生クリームのように角が立ちます。
クリーム状になったら、 スノーホワイトエーデルワイスを加えます。

保存料のシトラスシードエクストラクト(GSE)をお使いの場合は、ここで一緒に加えてください。
清潔なスプーンなどで、もう一度よく混ぜ合わせてください。
保存容器に入れて完成です。

ほんのりベージュ色のクリームが出来上がります。

ちょっとしたお出掛けのときに携帯するときは、スクワット容器などに小分けすると便利です。
ringa ringa's Memo

肌への負担も少ない手作り日焼け止めクリームです。
お顔をはじめ、首、腕など、全身にどうぞ。
ふわっと軽い質感で、伸びが良く、少しの量で広い範囲に塗っていただけます。

シワやシミの対策に、スノーホワイトエーデルワイスを 配合で、紫外線から肌を守りながら、アンチエイジングケアも出来るうれしい日焼け止めクリームです。

ギラギラの輝く太陽の下、笑顔で過ごせる日焼け止めクリームをお楽しみください。

.

この日焼止めクリームで、SPF値20+ぐらいが期待できます。
このレシピに使用しているミクロ粒子ニ酸化チタンは、紫外線かく乱剤と呼ばれ、市販品に加えられている紫外線吸収剤に比べて、とてもやさしい使い心地です。

敏感肌の方向けに、より刺激を少なくお使いいただけるよう、このレシピは無香料にしています。
もちろん、お好みの精油を使って 香り付けもお楽しみいただけます。
このレシピで精油は、5~10滴ほどが目安です。
クリームが出来上がってから加えて、よく混ぜ合わせてください。

冷蔵庫で保存して、2週間を目安に使ってください。
天然防腐剤シトラスシードエクストラクト(GSE)を使用した場合は、2ヶ月間程度を目安にお使いください。
色が変わったりした場合は、使用を中止してください。

  • スノーホワイトエーデルワイス(オーガニック)
    強い紫外線の降り注ぐ、ヨーロッパアルプスの雪山に生息する希少植物エーデルワイスから抽出したエキスです。
    強力な抗酸化作用と生命力を持ち、日焼けのダメージや、老化対策に役立つといわれます。
  • ラズベリーシードオイル
    紫外線をガードして、日焼けしにくい肌に整えるといわれる植物オイルです。
    必須脂肪酸やビタミン類豊富で、乾燥肌、老化肌、トラブル肌などに。
  • ミクロ粒子ニ酸化チタン
    粒子径が10-20nmと非常に小さく、透明性に優れていて、肌に塗ったときに白浮きしません。
    UVA、UVB両方に効果を持ち、SPF値の高いサンケア用品に使用される二酸化チタンです。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。