手作り日焼け止めの作り方

オゾンホールの影響で、強烈な紫外線が降り注ぐニュージーランドで、わたしが実践してきた、手作り日焼け止めレシピです。 手作りでは二酸化チタンなどの紫外線反射剤を使うので、とても肌にやさしいものが作れます。 シワやシミの原因になる紫外線をしっかりと防止して、きれいな肌を。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)

日焼け止めジェルオイルフリーで、とってもさっぱり

液体二酸化チタン(水性)を使った、日焼け止めジェルレシピです。
オイルを使っていないので、さらっとした日焼け止めを作ることができます。

材料
作り方

清潔な小皿などに、ラベンダーウォーター、液体二酸化チタン(水性)、植物性グリセリンを入れ、良く混ぜ合わせます。

液体二酸化チタン(水性)は、袋から取り出す前に、軽く混ぜ合わせてからお使いください。

次に、キサンタンガムを加えて混ぜ、とろみをつけていきます。

キサンタンガムは、溶けるのに少し時間がかかるので、ゆっくり混ぜながら溶かしてください。

とろみがついたら、最後に ラディッシュエクストラクトを加えて、もう一度混ぜたら出来上がりです。

清潔な保存容器に移してください。

保存容器には、人気のプラスチックブルーボトル50mlを使いました。

化粧水用の蓋をつけても、使いやすいと思います。

ringa ringa's Memo

オイルが入っていないので、べたつかないで、とてもサラッとした感じの日焼け止めに仕上がります。

このレシピで、SPF値20くらいが期待できます。
混ぜ合わせるだけで、とっても簡単です。

使いやすいように、キサンタンガムを加えて、ジェル状にしています。
皮脂の気になる夏場は、化粧下地としても使えると思います。

とにかくさっぱり目な使い心地がお好きな方に、おすすめのレシピです。
二酸化チタンが底に溜まることがありますので、ご使用前にはよく振ってください。

冷暗所保管で、2,3ヶ月を目安に使ってください。

送料無料日焼け止めジェルセット

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。