乳液(本格的)の作り方

クリームよりも水分を多く含んだ、手作り乳液レシピ集です。

ナチュラル素材で、本格的なとろとろのミルクローションみたいな手作り乳液が作れます。
はじめてのときは、「作り方のポイント」も参考にしてみてください。

基本の手作り乳液の作り方

ホホバオイルを使ったベーシックな乳液の作り方です。
オイルや精油を変えるだけで、手軽にアレンジもできます。
「基本の手作り乳液レシピ」
【レシピの特徴】
肌にやさしい、敏感肌も安心、アレンジ簡単
保存:6カ月


ローズのホワイト乳液の作り方

シミ・くすみ対策に、美白のビタミンC誘導体を配合する手作り乳液です。
優雅なバラの香りが、肌もこころも美しくします。
「ローズのホワイト乳液のレシピ」
【レシピの特徴】
ホワイトニング、ローズの香り、肌にやさしい
保存:6カ月

ダブルローズ乳液老化の気になる肌に

贅沢にローズ精油を使った、手作り乳液を作ってみました。
ローズダマスクウォーターを使っているので、作っているときから、とても甘くて良い香りが漂います。
天然の香りって、本当にいいですね。

材料
作り方

すべてのオイルと植物性乳化ワックスを耐熱容器に入れ、かき混ぜながら、ワックスが溶けるまで湯煎にかけます。
同時に別の容器にローズダマスクウォーターを入れ、湯煎にかけて、60度前後まで温めます。

加熱したローズダマスクウォーターをワックス溶けたオイルに、2,3回に分けて、少しずつ加えます。
加えるごとによく混ぜて、乳化したら残りを加えて、さらに乳化するまでまたよく混ぜる、という風に繰り返し行い、すべての量のローズダマスクウォーターを加えます。

乳化してトロトロになったら、 ビタミンAレチノール、ビタミンEトコフェロールオイル、オプションでシトラスシードエクストラクト(GSE)、または、ラディッシュエクストラクトを加えて、さらに混ぜ合わせます。

清潔な保存容器に入れて、完全に冷ましたら出来上がりです。
温かいうちに容器に移した方が簡単です。

左の写真はフリップトップローションボトルを使ってみました。

ringa ringa's Memo

乳液は、加える水分の量が多いので、必ず数回に分けて加えてください。
水分を加えるたびに、しっかり混ぜて乳化させるのがコツです。

コーヒークリーマー(Milk Frother)を使う場合は、空気が入って分量が増えますので、乳液が乳化した後は、泡だて器を使って手で混ぜて、空気を抜いてください。

マカダミアナッツオイルとオリーブスクワラン、ビタミンAレチノールを使って、お肌がもちっとなるような乳液にしてみました。

レシピは贅沢にローズ精油を使って、甘くて心底リラックスできる香りの乳液になりました。

冷蔵庫に保存して、 1~2週間程度で使い切ってください。
天然防腐剤シトラスシードエクストラクト(GSE)を加えた場合は、2,3ヶ月間保存可能です。
ラディッシュエクストラクトを加えた場合は、約半年間保存可能です。

            ※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
            リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

            手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
            はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。