手作り日焼け止めの作り方

オゾンホールの影響で、強烈な紫外線が降り注ぐニュージーランドで、わたしが実践してきた、手作り日焼け止めレシピです。 手作りでは二酸化チタンなどの紫外線反射剤を使うので、とても肌にやさしいものが作れます。 シワやシミの原因になる紫外線をしっかりと防止して、きれいな肌を。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)

ビタミンA配合UVクリームVA配合で効果アップ

人気の簡単UVクリームレシピに、水溶性のビタミンAを加えてみました。
ビタミンAは、塗っておくと日焼けしにくいといわれる成分です。

火を使うこともないので、失敗もなく、手軽に日焼け止めクリームが完成します。
お顔に全身にと、デイリーにどうぞ。

材料
作り方
ナイトクリームベースに、まず半分の分量のミクロ粒子二酸化チタンを加えて、丁寧に良く混ぜ合わせます。

もし混ぜにくい場合は、小さなボールなどに移して作ってください。

清潔な混ぜ棒やお箸などで、ゆっくり混ぜてください。
1.が混ざったら、残りを加えて、もう一度よく混ぜ合わせます。

最初は、写真のようにモロモロな状態になりますが、しばらく混ぜていくと、徐々に馴染んできます。
次に、ビタミンAマイクロカプセルを加えます。

少し黄色っぽいクリーム状の液体です。
最後に、真正ラベンダー精油を加えて、もう一度よく混ぜ合わせると出来上がりです。

小さなボールなどに移して作った場合は、元のナイトクリームの容器に戻してください。
ビタミンAたっぷりの日焼け止めクリームの完成です。
ringa ringa's Memo

塗っておくと日焼けしにくくなるといわれるビタミンA配合で、老化対策も狙ってみました。

この日焼止めクリームで、SPF値20+くらいが期待できます。
手作りの日焼止めは、肌への負担も少なくていいです。
最初のクリーム状態よりも少し固くなりますが、伸びも良くて、使い心地も いい感じです。

紫外線反射材のミクロ粒子二酸化チタンが、少しぽつぽつと見あることがありますが、塗り広げると目立たなくなります。

すっきりリラックスのラベンダー精油で、殺菌作用も期待しています。
もちろんお好みの精油を使ってもOKです。

直射日光の当たらない冷暗所保管で1,2ヶ月を目安に使ってください。
色や香りが変わったりした場合は、使用を中止してください。

簡単UVクリームセット(送料無料)には、ビタミンAマイクロカプセルを2ml加えてください。

  • ビタミンAマイクロカプセル
    水溶性の使いやすいビタミンAです。しわや老化対策のスキンケア用品作りに。
    日焼け対策に、UVクリームに加えるのもおすすめです。
  • ナイトクリームベース
    保湿力高めの夜用クリームベースです。
    クリーム作りが面倒な方にとてもおすすめの、ナチュラルクリームベースです。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。