手作り日焼け止めの作り方

太陽の日差しが強くなると、気になるのが肌の日焼けです。
紫外線を浴びると、肌は、防御作用でメラニンを作り、細胞核を守ろうとします。

通常は、肌のターンオーバーで角質層まで押しあげられて、垢となって剥がれ落ちるのですが、加齢や紫外線を浴びすぎることで、メラニンを排出できずに、シミやシワになってしまいます。

わたしが住むニュージーランドは、オゾンホールの影響で、強烈な紫外線が降り注ぎます。

肌に過酷な環境下で、わたしが実践してきた、いろんな手作り日焼け止めレシピのご紹介しています。


ミネラルUVパウダー

「汗をかく季節、メイク直しはどうすればいいの?」という声から生まれた、塗り直しが簡単なパウダータイプの日焼け止めです。

「肌にやさしい 手作りミネラルUVパウダーの作り方」

【レシピの特徴】
化粧直し、夏のレジャー、屋外観戦に。
紫外線吸収剤、防腐剤、人工香料、タルク、シリコン、ワックス、人工着色料無添加フリー

タイプ:パウダー
SPF値:50
PA:+++
保存:1年

美白+日焼止めレシピ

美白素材アルブチン原末と乳液ベースを使う、手作りの簡単日焼止め乳液レシピ。
紫外線はもちろん、美白も気になる方におすすめです。

「美白も兼ねた、手作り日焼け止め乳液の作り方」

【レシピの特徴】
シミ・そばかすの予防、美白素材配合、簡単レシピ、化粧下地

タイプ:乳液
SPF値:20~25
保存:3ヵ月

楽ちんなスプレータイプの日焼け止め

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めミストだから、ナチュラル度も高く全身に使えるサッパリした塗り心地で、蒸し暑い季節もじゃまになりません。

「全身に使いやすい、手作り日焼け止めスプレーの作り方」

【レシピの特徴】
全身に使える、お子さんも安心、紫外線吸収剤、アルコールフリー
タイプ:スプレー
SPF値:20+
保存:3ヵ月

家族みんなで使える、最高に肌にやさしい、本格的な日焼け止めクリーム

ホホバオイルをベースに、たっぷりの容量を作るレシピです。
1から手作りするので、肌にとってもやさしい日焼け止めクリームが作れます。

「家族で使える手作り日焼け止めクリームの作り方」
【レシピの特徴】
全身に使える、お子さんも安心
人工香料、タルク、シリコン、ワックス、人工着色料、アルコール無添加
タイプ:クリーム
SPF値:20+
保存:6ヵ月

簡単UVクリームすぐ作れる

オーガニックのナイトクリームベースを使うと、すごく簡単に、手作り日焼止めクリームが作れます。
火を使うこともないので、失敗もなく、あっという間にUVクリームが完成します。

わたしはついでに、海藻コラーゲンと、ラベンダー精油をプラスして、スキンケア効果も狙ったクリームを作ってみました。
お顔に全身にと、デイリーに使えます。

材料
作り方

ナイトクリームベースを、小さなボールに移します。

ミクロ粒子二酸化チタンを加えて、丁寧に良く混ぜ合わせます。

最初は、コナコナな状態になりますが、しばらく混ぜていくと、徐々に馴染んできます。

オプション 材料の海藻コラーゲン、ラベンダー精油を加えて、もう一度混ぜ合わせたら出来上がりです。

元のナイトクリームベースの容器に戻しました。

ringa ringa's Memo

最初の クリーム状態よりも、少し固くなりますが、伸びも良くて、使い心地も気に入っています。

手作りの日焼止めは、肌への負担も少なくていいです。
この日焼止めクリームで、SPF値20~25くらいが期待できます。

もちろんお好みの精油を使ってもOKです。

保存容器に移して、冷暗所保存で、3,4ヶ月を目安に使ってください。

簡単UVクリームセット(送料無料)

  • ナイトクリームベース
    保湿力のあるナチュラルクリームベースです。
  • 海藻コラーゲン
    コラーゲンは、肌の弾力を保つ組織。
    加齢や環境で、コラーゲンの繊維が失われ、シワやたるみの原因に。


※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。