アロママッサージ

自宅でできるアロマオイルを使った、アロママッサージの紹介です。 精油を使ったマッサージオイルやマッサージクリームで、こころもからだもリラックス。 のんびりマッサージで、溜まった疲れを癒してください。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)

デトックスフェイスマッサージクリームきれいな顔に

話題の造顔マッサージではないですが、手作りのフェイスマッサージクリームの作り方レシピです。
ココアバターと、キサンタンガムを使って、フェイスマッサージの時に、少し引っかかるような感じを出してみました。
バターを使っているので、オイルっぽくないマッサージクリームです。

材料
作り方
ココアバターと、植物性乳化ワックスを、 耐熱容器に入れます。

別の耐熱容器に、精製水を入れます。
1.を同時に、湯銭にかけます。

温まってきたら 、ココアバターと、植物性乳化ワックスを、良く混ぜて溶かします。
溶けたら、よく温まっ た精製水(60~70℃)を、ココアバターの溶けた容器に加えます。
カプチーノクリーマーや、泡だて器で、乳化して、クリーム状になるまで、よくかき混ぜます。

カプチーノクリーマーで、5~10分程度です。
クリーム状になったら、 キサンタンガム、 ビタミンAを加えてよく混ぜます。

最後に、精油、ラディッシュエクストラクトを加えて、もう一度よくかき混ぜたら出来上がりです。
清潔な保存容器に移しください。

出来上がりは、約50mlになります。

アンバーコスメ容器に入れてみました。
ringa ringa's Memo

精油は、老廃物を排出する作用を持つといわれる、ジュニパーベリーと、シダーウッドを使いました。
デトックスに良い、フェイスマッサージクリームです。

マッサージ中に浸透するように、修復のビタミン、ビタミンAレチノールも加えてみました。

手作りフェイスマッサージクリーム

【使い方】

夜の洗顔後のマッサージがおすすめです。

右下の写真のように、10円玉サイズくらいを手にとって、目と口の周りを避けて、顔中に塗ります。

ちょっと多いかなというくらいで大丈夫です。

指先よりも、指の腹や、手を使う感じでやります。
マッサージ後や、翌朝は、顔がすっきりして、気持ちがいいです。
乾燥しているときは、油分を補ってくれて、肌が柔らかくなります。

マッサージ後に、余分なクリームが残っていたら、タオルなど軽く拭きとってください。
気になる場合を除いて、通常は、洗顔の必要はありません。

頻繁にマッサージされる方は、このレシピの2倍の分量でお作りいただいてもいいと思います。

冷蔵庫に保存して、1、2週間程度で使い切ってください。
保存料のラディッシュエクストラクトを加えた場合は、約半年間保存可能です。
キサンタンガムを使用していますので、GSEは使用できません。

  • ビタミンAレチノール
    修復のピタミンと呼ばれ、乾燥肌、かさついた肌を柔らかくし、肌の弾力性を高めるとされます。
  • ココアバター
    保湿効果に優れ、肌を柔軟に保つといわれます。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。