ミネラルメイクアップの作り方

肌に負担の少ない天然顔料などを使った、自分だけのメイクアップ用品が作れます。 ファンデ―ション、フェイスパウダー、アイシャドウ、チーク、リップなど、安心のミネラルメイクアップをお楽しみください。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)

リップグロスベース便利な作り置き

リップクリームや口紅は、1個分の分量が少ないので、まとめてリップグロスのベースを作っておくと、とても便利です。
このリップグロスベースがあると、口紅やカラーリップなどを作るときは、スプーンなどで分量を取り分け、電子レンジで溶かして、マイカやD&Cなどを加えて固めるとできあがります。

たくさんの色を同時に作るときや、カラーリップが少しだけ作りたいときなどに便利なので、ぜひ常備しておいてください。

出来上がり分量は、約50mlです。

材料
作り方

すべての材料を計量して、耐熱容器に入れます。

湯煎、または電子レンジにかけて、1.のワックス類を溶かします。

電子レンジでやる場合は、10秒ずつ様子を見ながらやってください。

ワックス類が溶けたら、よく混ぜて、オイルとなじませます。

混ざったら、保存容器に移して、そのまましばらく置きます。

温度が下がって、冷えて固まったら、出来上がりです。

How to Use

このリップスティックベースは、 1年間程度保存可能です。
分量どおり作ると、約50ml分出来上がりますが、だいたい半年ぐらいで使い切る量だと思います。

いろいろな分量のサンプルを作って、ようやく見つけた割合です。
右の写真のように、トロッとした仕上がりになります。
リップにのせた時に、プルーンとなる感じのリップグロスです。

このリップグロスベースが好みの固さではない場合は、再度湯煎や電子レンジで溶かして、オイル、またはワックスを加えて調節してください。

キャクターオイルを増やすと柔らかくなって、キャンデリラワックスを増やすと硬くなります。


基本的な分量の目安

【カラーリップクリーム】
薄付きで、透明感のあるカラーリップクリームには、マイカがおすすめです。
リップスティックベース 80%
マイカ 20%

【口紅】
きちんと発色する口紅には、マイカと酸化鉄などのブレンドがおすすめです。
リップスティックベース 80%
マイカ 15%
酸化鉄、その他のピグメント 5%

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。