パック・スクラブの作り方

肌の老廃物や古くなった角質を取り去るスクラブは、週に1度のお楽しみです。 ドライハーブやフルーツパウダーを使うと、見た目もきれいで贅沢な気分になれます。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)

ボディスクラブ全身滑らかに

お風呂の中で使いやすいボディスクラブです。体を洗った後、ひざやひじ、かかとやお尻などをゆっくりやさしく、マッサージします。
グレープシードオイルを使うので、皮膚の固くなった部分に油分の補給も出来て、面倒くさがりの わたしにはとても便利です。

わたしは、これでお尻のガサガサがなくなりました。
まとめて作って冷蔵庫に入れておくと、2ヶ月ぐらいは大丈夫だと思います。

材料
作り方
ひまわりの種とオートミールを、すり鉢 、またはコーヒーミル等で細かくします。
グレープシードオイル以外のすべての材料を容器に入れ、よく混ぜ合わせ ると、「スクラブの元」の出来あがりです。

冷蔵庫で保存します。
ボディスクラブをするときに、2.の「スクラブの元」を、大さじ1ほどとり出し、グレープシードオイル大さじ1を、塗りやすいペースト状になるくらいまで加えます。

(スクラブの元と、グレープシードオイルは、同量くらいが目安です。)

よく混ぜ合わせたら、完成です。
ringa ringa's Memo

お風呂で体を洗った後、作ったスクラブ の元をグレープシートオイルでこね、ひざやひじ、かかとやお尻など、皮膚の固くなった所をマッサージします。
マッサージ後は、お風呂のお湯で洗い流します。

【グレーアップレシピ】

お好みで、精油を加えると、アロマ効果で、お手入れがより楽しくなりますよ。
1回の使用で、4,5滴を目安に加えて、よく混ぜ合わせてから使ってください。

・角質で硬くなったお肌には・・・カモミールジャーマンレモン

・カサカサのお肌には・・・真正ラベンダーローズウッド

・皮脂のバランスには・・・イランイラン1STローズゼラニウム

  • グレープシードオイル
    ぶどうの種から抽出される、軽い使い心地のオイル。
    ボディーマッサージや、引きしめにマッサージに最適なオイルです。
    豊富なリノール酸、ビタミンEを含んでいます。
  • エプソンバスソルト
    エプソンバスソルトとは、アルカリ分がマイルドで、水に溶けやすいのでバスソルトにはオススメです。
    筋肉痛や、日焼した肌に効果抜群です。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。