リップクリームの作り方

唇がいつも乾き気味なわたしは、リップクリームが手放せません。 自然材料で、唇に潤いと栄養を与えるナチュラルリップクリームのレシピです。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)

マンゴーリップクリームツルッと溶ける

しっとりマンゴーバターを使った、リップクリームの手作りレシピです。
溶かして固めるだけの、とっても簡単レシピです。

材料
作り方
すべての材料を計量して、耐熱容器にいれます。(写真は未精製ビーズワックスです。)

電子レンジか湯煎にかけ、 マンゴバター、ビーズワックスが溶けるまでゆっくり加熱します。

電子レンジをお使いの際は、短い時間で様子を見ながら加熱してください。
溶けたら、温かいうちに、保存容器に移します。

そのまま室温で冷やして、固まったら出来上がりです。
保存容器には、リップスティックケース クリアー、ブラックスクワット容器を使いました。

このレシピの出来上がり分量は、約18mlです。
ringa ringa's Memo

ツルッと溶けて、 しっとり滑らかな使い心地のリップクリームが出来上がります。

精油などを加えない、とってもシンプルレシピです。
自然の香りと使い心地をお楽しみいただけます。

耐熱容器に残った分は、冷える前に拭き取ると洗うのが簡単ですよ。

冷暗所(直射日光の当たらない涼しい場所)保管で、1,2ヶ月を目安にお使いください。

  • キャスターオイル
    透明でとろみのある粘度の高いオイルで、とても保湿力に優れています。
    リップクリーム作りに最適です。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。