リップクリームの作り方

唇がいつも乾き気味なわたしは、リップクリームが手放せません。 自然材料で、唇に潤いと栄養を与えるナチュラルリップクリームのレシピです。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)

シアバター&ミントリップクリームシアバター入り

わたしのお気に入りのシアバターを使って、リップクリームを作ってみました。
簡単で失敗の少ないレシピです。

リップクリームの容器は、市販品のリップクリームの容器を使ってみました。
容器の容量が分からなかったので、できるだけ少ない分量で作ってみましたが、それでも余ってしまい、入らなかった分は小皿に入れました。
下記の分量で作ると、リップクリームの容器2本分ぐらいだと思います。

材料
作り方
キャスターオイル、シアバターを耐熱容器に入れ、湯煎にかけるか、電子レンジでシアバターが溶けるまで あたため、溶けたらよく混ぜ合わせます。

ここでよく混ぜ合わせないと、冷えてからシアバターが分離してしまいますので、よくかき混ぜてくださいね。

電子レンジをお使いの際は、短い時間で様子を見ながら加熱してください。
1.にビーズワックスを加え、混ぜながら溶けるまで温めます。
ビーズワックスが溶けたらよくかき混ぜて、冷める前に 精油を加えてよく混ぜ、保存容器に入れたら出来上がりです。
ringa ringa's Memo

この分量で作ると少し柔らかめのリップクリームになります。
固めに作りたい場合は、少しだけビーズワックスを増やしてみてください。

シアバターとミント精油のブレンドで、保湿力がありながら、スーッと清涼感もあるリップクリームです。
精油は、お好みで加えなくても大丈夫です。

冷暗所(直射日光の当たらない涼しい場所)保管で、2ヶ月を目安にお使いください。

  • 未精製シアバター
    アフリカのカリテという木の実から取れる植物性の天然バターです。
    とても肌にやさしく、保湿力がありスキンケア用品の材料として使われています。
  • キャスターオイル
    透明でとろみのある粘度の高いオイルで、とても保湿力に優れて、べとつかない軽い使い心地です。
  • ホワイトビーズワックス
    ビタミンB群を豊富に含み、肌を滑らかにし保湿効果が期待できます。
    また、フラボノイド・プロポリスを含み殺菌効果も。
  • 未精製ビーズワックス
    ビタミンB群を豊富に含み、肌を滑らかにし保湿効果があるといわれます。
    ハチミツ独特の香りのある黄色い未精製のビーズワックスです。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。