クリーム・乳液(簡単)の作り方

高機能ナチュラルベースを使った手作りクリームのレシピ。
クリームベースを使うと、どなたでも失敗もなく作れます。

気になる肌の状態に合わせて、有効成分や精油を加えるだけ。
自分だけの手作りクリームや乳液が、すぐにできあがります。
パラペン、合成香料、合成着色料は、一切不使用です。(大さじ=15ml、小さじ=5ml)

しっかり保湿美容クリーム3つの有効成分で、乾燥・老化対策

乾燥や老化が気になるときに、役立つ美容クリームの作り方です。

低分子になって高い浸透力に期待の、スーパーヒアルロン酸とコラーゲンに、アンチエイジングに一番人気のコエンザイムQ10を組み合わせました。

シルキーナイトクリームを使うので、熱も使わず、混ぜ合わせるだけで美容クリームが完成します。

材料
作り方
シルキーナイトクリームに、コエンザイムQ10を加えます。

1mlサイズの計量スプーンがあると便利です。
スーパーヒアルロン酸原末を加えます。
低分子コラーゲンパウダーを加えます。
清潔なお箸や混ぜ棒などで、よく混ぜ合わせます。

スーパーヒアルロン酸が少し溶けにくいことがありますので、10分ほどかけてゆっくり溶かしてください。
ケルンの水精油を落とします。
最後に、もう一度よく混ぜ合わせると完成です。

少し黄色っぽいクリームが出来上がります。
ringa ringa's Memo

加齢と共に減少するといわれる成分の補給に、3つの有効成分を加えました。

ちょっぴり贅沢な若返りクリームです。

程よいもちっと感&こってり感で、肌にすいつくような感覚を感じていただけると思います。
塗った後も、ベタペタせずに、さっと浸透してくれるようです。
翌朝の、ぷりっと感も気持ちよいです。

香り付けには、ほうれい線や目元など、たるみケアに。ケルンの水精油を選んでみました。
繊細なシトラスフローラル調の、最上級の香りで、自然と笑みがこぼれます。

精油は、お好みで変えても 、加えなくても大丈夫です 。
アロマの香りでスキンケアタイムをより楽しんでください。

How to Use

化粧水の後や、スキンケアの仕上げとしてもお使いいただけます。
乾燥などが気になる部分には、重ね塗りしてお使いください。
やさしくマッサージするようにして使っても効果的です。

スキンケアベースには、別途保存料を加える必要はありません。
冷暗所に保管して、約2,3ヶ月を目安にお使いいただけます。

  • スーパーヒアルロン酸原末
    ヒアルロン酸ナトリウム100%の防腐剤無添加の原末です。
    低分子タイプで、さらなる浸透力に期待ができます。
    ヒアルロン酸は、その重さの500倍の水分を保持することができ、保湿剤として最高の効力を持つと言われます。
  • コエンザイムQ10
    コエンザイムQ10は、抗酸化力を持ち、老化(特にシワ)を防止に期待ができます。
    加齢により減少する、コラーゲンやエラスチンの生成を助け、肌にハリとツヤを与えるといわれます。
  • 低分子コラーゲンパウダー
    分子量が、動物性の約1/200の水溶性コラーゲンです。
    コラーゲンは、皮膚細胞の真皮の70%以上を占めているたんぱく質で、肌の弾力を保っています。
  • シルキーナイトクリーム
    シルク成分、ローズヒップやアボカドオイル、アロエベラジェル、ビタミンE 配合のクリームです。
    お肌から水分が奪われるのを防ぎ、油分を補ってしっとり、つややかなお肌に。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。