クリーム・乳液(簡単)の作り方

高機能ナチュラルベースを使った手作りクリームのレシピ。 クリームベースを使うと、どなたでも失敗もなく作れます。 気になる肌の状態に合わせて、有効成分や精油を加えるだけ。 自分だけの手作りクリームや乳液が、すぐにできあがります。 パラペン、合成香料、合成着色料は、一切不使用です。(大さじ=15ml、小さじ=5ml)

ローズ乳液シー トパック肌がよみがえる

お肌の疲れや乾燥対策に、シートパックレシピを考えてみました。
もっちりお肌をよみがえらせましょう。

材料
作り方
フェイス用乳液ベースを小皿に移して、ビューティフルローズ精油を加えます。
オプション材料の有効成分を加える場合は、ここで加えます。
よく混ぜ合わせると、ローズ乳液の完成です。
シートパックに、スプーンやへらを使って乳液を塗ったら準備完了です。
あとはお顔にのせてリラックス~♪
ringa ringa's Memo

最近は、化粧水や美容液入りなど、いろんな種類のシートパックが販売されています。

肌の疲れや乾燥には、植物オイルを含んだ乳液でフェイスパックしたほうが効果的だと思います。
もちもち肌をよみがえらせてください。

ローズ精油とフェイス用乳液ベースを使うので、有効成分は加えなくても十分ですが、1つでも加えると、よりよい変化も期待できます。

「オプション材料」 有効成分をプラスできます。数種類を混ぜてもOKです。
タルミに…海藻コラーゲンを15滴ほど
年齢肌に…コエンザイムQ10を15滴ほど
乾燥・かゆみに…スーパーセラミドを2ml

ビューティフルローズ精油の優雅な香りに包まれて、心身ともにリラックスすると、より肌への浸透がよくなります。
極上の香りと使い心地で、心も肌も美しく。

How to Use

洗顔後、乳液シートパックを顔にのせ、15分程度パックします。
パック後、もしお顔に乳液が残ったら、マッザージするように塗りこむか、軽くふき取ってください。

肌の疲れや乾燥が気になるときは、2日おきくらいの集中ケアもおすすめです。
スキンケアベースには、別途保存料を加える必要はありません。

ローズ乳液自体は、冷暗所保管で約2,3ヶ月を目安にお使いいただけます。

・フェイス用乳液ベース
伸びの良い、保湿力高めのナチュラル乳液ベース。

・ビューティフルローズ精油
ローズ系3種類の精油をブレンドした、深い味わいのバラの香り。
特に乾燥肌、老化肌におすすめです。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。