クリーム(本格的)の作り方

植物性乳化ワックスを使う、本格的な手作りクリームの作り方です。 初めて作る方は、「作り方のポイント」も参考にしてみてください。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)

海藻コラーゲンクリーム老化の気になる肌に

好評の海藻コラーゲンと、軽い塗り心地のオリーブスクワランを使って、モチモチっと張りのある肌を目指す手作りクリームを作ってみました。

材料
作り方
[A]海藻コラーゲンを計量して、ローズ ウォーターに加えます。

[B]別の耐熱容器に、オリーブスクワランオイルと、植物性乳化ワックスを加えます。
[A]と[B]を同時に湯煎にかけ温めます。
温まってきたら、[B]の植物性乳化ワックスをよく混ぜて溶かします。

そして、60~70度ほどに温まった[A]のローズウォーターを、[B]のオイルに加えます。
乳化して、クリーム状になるまで、 ミルククリーマーや、泡だて器などで、よく混ぜます。
クリーム状になったら、[C]のシトラスシードエクストラクトとキャロットシード 精油を加えて、さらにかき混ぜたら出来上がりです。
完全に冷まして、清潔な保存容器に入れてください。

60mlアンバーコスメ容器に、名前と、作った日付を書いたラベルを貼ってみました。
ringa ringa's Memo

エッセンシャルオイルは、肌のハリと弾力を高めるキャロットシード がおすすめです。
このキャロットシード精油は、老化を食い止め、肌を若々しく保つといわれています。
海藻コラーゲンとのダブル使用で、きっと効果が出ると思います。

オリーブスクワランオイルの代わりに、ホホバオイルでもOKです。
お肌の上で溶けるような使用感です。

冷蔵庫に保存して、1、2週間程度で使い切ってください。
天然防腐剤シトラスシードエクストラクト(GSE)を加えた場合は、2,3ヶ月間保存可能です。
保存料のハーブエクストラクトを加えた場合は、約半年間保存可能です。


【ワンランクアップ!】
さらに高度なレシピをお求めの方には、シルクアミノ酸パウダーとの併用もいいと思いますよ。
海藻コラーゲンと同時にローズウォーターに加えて、かき混ぜて溶かしてください。
使用量の目安は、小さじ1/4ぐらいです。

  • 海藻コラーゲン
    コラーゲンは、皮膚細胞の真皮のたんぱく質で、肌の弾力を保っている組織です。
    加齢や環境により、コラーゲンの繊維が失われ、シワやたるみの原因となります。
  • オリーブスクワラン
    オリーブオイルの製造工程で作られる酸化安定性の高いオイルです。
    人間の皮脂にもっとも近い成分で、浸透力が高く、さらっとしていて使いやすいオイルです。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。