ボディケアの作り方

全身用の手作りクリームやローションです。 からだ全体のスペシャルケアで、すっきりリフレッシュ。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)

アロエベラボディジェルすべすべボディー

アロエベラジェルを使ったとっても簡単、混ぜるだけレシピです。
ベタベタするボディクリームは苦手な方に、さらっとしてすべすべの 肌を保つボディジェルです。

Perfect Skin THE NATURAL APPROACH という本のレシピを参考にしました。
この本には、アロエベラジェルにベジタブルオイルやティンクチャー、ハーブティーを加えて作るジェルがたくさん載っているのですが、やっと気に入ったアロエベラジェルを見つけたので試してみました。
本のレシピは、一回分ずつ作りますが、ちょっと面倒なので3回分ぐらいの分量です。

材料
作り方
保存容器にアロエベラジェル99.5を入れ、 すべての材料(月見草オイル、ビタミンEトコフェロールオイル、グリセリン、エッセンシャルオイル)を加えます。

軽く混ぜ合わせたら出来上がりです。
ringa ringa's Memo

スプーンなどで、軽く混ぜ合わせてくださいね。

泡だて器などで、がんがんかき混ぜると、色が白く濁って汚くなってしまいますので、スプーンでさっくりかき混ぜてください。

リンガリンガのアロエベラジェル99.5には、安定したジェルにするための基材が入っていますので、他の材料ときちんと混ざり合わない場合がありますが、仕入先に問い合わせたところ、多少の分離は大丈夫との事です。

【おすすめエッセンシャルオイル】
夏におすすめのエッセンシャルオイルは、やはり真正ラベンダー精油です。
日焼けをやわらげたり、抗菌効果もあります。

刺激の強いエッセンシャルオイルのご使用は控えて下さい。
肌の悩み別精油も参考にしてみてください。

植物性グリセリンの量や月見草オイルの量は、お好みで調節してください。

また、月見草オイルのかわりに、人気のオーガニックローズヒップオイルなどのオイルもおすすめです。

冷蔵庫に入れて、2~3週間以内に使い切ってください。

  • アロエベラジェル99.5
    美白、保湿、収れんと素晴らしい薬効を持っているアロエベラの葉から採れるエキスをもとに作られた無色透明のジェルです。
  • 月見草オイル
    豊富なγ-リノレン酸を含み、かゆみや炎症、乾燥、アレルギーなどの肌のトラブルに役立ちます。
  • オーガニックローズヒップオイル
    オレンジの約20倍のビタミンCを含むローズヒップの実から抽出されるオイルです。
    瘢痕形成、皮膚再生効果が高く、しみ、しわ、ニキビや皮膚炎、湿疹にも効果的です。
    老化した肌、日焼けあとのケアに最適です。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。