□eb 美の王妃 マリーアントワネット精油

(4 件のレビュー)

¥260¥40,600

ほんのりビターで、ロマンチックなフローラル調の香り。
女性らしさを引き出す、つつしみ深い愛の香りです。

解除

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , , ,

説明

王妃が愛したハーブを、ぎゅっと閉じ込めた❝美❞の精油。

重厚感溢れるベルサイユ宮殿の時代を背景に、いつになっても色褪せない、気品高く、華麗で鮮やかなマリーアントワネット王妃を表現しました。

可憐なスミレを感じさせる、ややビターでロマンチックなフローラル調の香りです。
高貴で上品なアロマが、美しく広がります。

肉体的・精神的な疲れを癒し、女性らしさを引き出し、自分を自由に表現できるサポートになる香りです。

年齢肌、シワなど、スキンケアにも大活躍する、美を追求した贅沢なブレンドです。

中世フランスの美とオシャレの印象

中世の美とお洒落の象徴とされる、18世紀フランスのマリーアントワネットをイメージしました。

お風呂に入る習慣のなかった当時、みんな動物性の香水を使っていた中、彼女は、バイオレットなど、ハーブの香りを好んで使っていたと伝えられています。

14歳でフランス・ブルボン家に嫁いだマリーアントワネットは、ベルサイユ宮殿に自分の趣味を持ち込んだ唯一の王妃だといわれています。

彼女が愛用した装飾品やドレス、さらには入浴法、飲み物、食べ物といった生活習慣までもが、当時の貴族たちの憧れとなって、フランスに流行を生み出しました。

マリーアントワネットの白く輝く肌

マリーアントワネットの魅力をもっとも表現しているとされる肖像画を描いた、ルブラン夫人は、王妃のことをこんな風に伝えています。

「お顔の中で、1番魅力的だったのは、その白く輝くお肌の色でした。こんなにも輝かしいお肌は、他では拝見したことがありません。透き通るようなお肌には、影も さすことが出来ないのではないかと思うほどでした。」

 

100%ナチュラルの配合精油の説明。

マリーアントワネットが、愛してやまなかったハーブなど、6種類の精油をオリジナルレシピでブレンドしています。

精油のノートにも配慮した、調和の取れた香りを楽しんでいただけます。
※専門機関認定の100%ピュアの精油のみ使用


バイオレットリーフ精油
学名:viola odorata l.
産地:エジプト  部位:葉
抽出法:溶剤抽出法
スミレの小さな葉から採れる貴重なオイル。
肌荒れ・収れんに。


ローズBN精油
学名:rosa damascena.miller
産地:トルコ   部位:花
抽出法:溶剤抽出法
不安やストレスをやわらげ、心を明るく。
乾燥、年齢肌に。


ジャスミン精油
学名:jasminum grandiflorum
産地:インド  部位:花
抽出法:溶剤抽出法
乾燥、敏感肌に。
落ち込んだ気持ちを、支える。


ローズウッドBN精油
産地:カナダ 部位:木
抽出法:水蒸気蒸留法
乾燥肌、敏感肌、老化肌に。
めいった気分をなぐさめ、落ち着かせる。


真正ラベンダー精油
学名:lavendula angustifolia
産地:フランス 部位:花
抽出法:水蒸気蒸留法
疲労や緊張を緩め、リラックス。
消毒効果が高く、スキンケアにも人気。


シダーウッド精油
学名:cedrus atlantica
産地:モロッコ 部位:枝・木
抽出法:水蒸気蒸留法
緊張や不安を鎮静させ、自分を取り戻す。
肌を引き締め、清潔に。

制作裏話…

「美」を極めたといわれた王妃が、好んでつけていた香りってどんな香りだろう。
それを、自然の香りで再現できたら、どんなに素敵だろう。

そんな企画案から始まった、今回のブレンド精油の制作。
毎日が、試行錯誤の連続でした。

・ベルサイユ宮殿で販売されている香水のイメージ。
・配合されている香り成分の分析。
・マリーアントワネット王妃自体のイメージ。

それぞれを精油の香りに合わせながら、たくさんの試作品を作りました。

バイオレット精油が強すぎて、華やかで気品あふれるローズやネロリなどの幸せの香りが消されてしまったもの…。
ジャスミンの香りが強くなり、甘くなりすぎたもの…。

精油の配合をやり直したり、微調整を繰り返しながら、みなさんに感動していただける、美の香りとは何かを議論しながらの日々。

各自の感じ方が違ってくる、「嗅覚」を摺合せするのは大変な作業でした。

美と愛の香り。

そして、ようやく完成したのが、美の王妃 マリーアントワネット精油です。

青く大人なバイオレットの香りが、流行の先端をはしり、他の人と同じものを好まなかった王妃のオリジナリティあふれる究極の美のセンスを、感じさせてくれます。

ローズやネロリが、豊かな女性像を表現し、ジャスミンのチャーミングなやさしい愛に、身も心も、美と愛の香りに包まれたような、不思議な感覚に陥ります。

美容液やクリームなど、スキンケアに大活躍します。
ホホバオイルの中にポトリと落として、香水として使うのもおすすめです。

女性であることの喜びと、隣の人とは違った美の形を、自分らしく表現してくれる香りに仕上がりました。

究極の美の世界を、お楽しみいただけますとうれしいです。

 

精油の楽しみ方

光感作用はありませんので、1日中いつでも使えます。
敏感肌の方は、分量を少な目にしてください。
(精油1滴=約0.05m。 濃度を守って楽しくお使いください。)

精油の芳香浴での使い方
アロマランプやティッシュに数滴落として、お部屋に香らす。

精油の手作りコスメの使い方
クリーム美容液など50gに対して、精油5~10滴で香りづけ。

アロマバスに使える精油
お風呂に5,6滴落として、リラックス入浴。

精油でアロマ香水作り
ロールオンボトルに、ホホバオイル8mlと精油20滴を混ぜる。

保管方法と消費期限の目安

キャップを閉め、冷暗所(直射日光の当たらない涼しい場所)で保管して、約1年を目安にお使いください。

※香りのお試しボトルには、実際に使える分量の精油は入っておりません。
フルボトルをご購入前の香りの確認に、お役立てください。

●マリーアントワネットのPerfect Beautyセラム

4 に対するレビュー□eb 美の王妃 マリーアントワネット精油

  1. T.Oさま (承認)

    マリーアントワネットの香りってどんなだろうと、届くまでワクワク。
    キャップを開けた瞬間、ふわりとローズの香り。
    鼻を近づけてよく嗅いでみると、ローズだけどローズじゃない…これがスミレかな。スミレは、嗅いたことがなく形容のしようがないのだけど、主張しないけど強く香る。また、ジャスミンはどうしても強く香ってしまうところなのに後ろに控えているようで、この香りを纏める技術と配合はすごいです。
    マリーアントワネットの高貴なイメージそのままを感じさせる香りになっています。

  2. Anna53

    深みのある高貴な香りでした。上品なオシャレな香りなのでフローラルウォーターに少し加えてルームスプレーを作っています。

  3. 涼子

    すみれの渋い青っぽい感じが大好きでこの精油は大のお気に入りです。
    大人っぽいフローラルな香りなので全く飽きなくて、最近はずっとこれ一本です。
    ブレンドされている精油は複雑で濃厚な香りがするので贅沢な気分にひたれます♪

  4. milky

    名前につられて試してみましたが、すごく高級感のある香りなんですね。
    よく見てみるとスミレが入っているのにも驚きました。今までにスミレの精油を嗅いだことなかったですが、上品で重厚感のある香りでこのまま香水にしたいぐらいです!ローズやジャスミンまで入っているなんて貴重な精油のオンパレードでお得な気分です(*^^)v

    • リンガリンガソープ

      マリーアントワネットの精油は、香水づくりにもピッタリだと思います。
      重厚なスミレの香りがいい感じに働いています。
      コメントありがとうございます。

レビューを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です