ドッグアロマのよくある質問

ワンちゃんにも、ナチュラルケア。
ドッグアロマについて、よくいただく質問をまとめてみました。

Q. 香りに敏感な犬に、アロマは大丈夫ですか?
A. はい、大丈夫です。

ー 犬にアロマは心配?

「嗅覚の発達した犬には、アロマセラピーは強すぎて、危ないような気がする。」と心配される方もいらっしゃるかもしれません。
でも、安心してください。
一般にワンちゃんの嗅覚は、人間の何千倍とも言われます。
それは、人間よりも遠くの匂いがわかったり、認識できる匂いの種類が多かったりするということなんです。
なので、「人間よりも香りを強く感じてしまって、アロマで鼻が麻痺したり、身体やこころへの影響が強すぎるかも。」といった心配は、しなくても大丈夫です。

 

ー アロマセラピーの作用の仕方

アロマセラピーは、ワンちゃんのしつけや、健康管理など、幅広く役に立ちます。
そして何より、ワンちゃんとパートナーであるあなたのふれ合いを深め、きずなを強くします。

アロマセラピーで使うエッセンシャルオイル(精油)が、働きかけるのには、大きく分けて3つあります。
1つ目は、「鼻から大脳」へと伝わるルートです。
香りと記憶の結びつきがとても強いと言われるワンちゃんです。

この作用の仕方が一番効果的で、これが、しつけにもアロマがいいといわれる理由です。
まず、気化したエッセンシャルオイルが鼻から取り込まれると、エッセンシャルオイルの成分は、鼻腔奥にある臭神経細胞を刺激します。

それが脳の視床下部に伝達されて、それぞれの香りに対応した神経化学物質が放出されます。
こころの部分では感情や本能、身体ではホルモンや免疫力のコントロールなどに働きかけます。
例えば、ラベンダーエッセンシャルオイル。
ラベンダーの香りは、神経系を鎮静させる物質のセロトニンの分泌を促すので、ラベンダーの香りをかぐことによって、心と体をリラックスさせることができるのです。

2つ目に、「鼻から肺」です。
エッセンシャルオイルの香りの成分は、鼻や口から気管、肺、肺胞へと取り込まれます。
肺胞の粘膜から血液の流れに乗って全身へめぐり、免疫力を高めたりと全身へ働きかけてくれます。

3つ目は、「皮膚から血管」へのルートです。
アロママッサージや、足湯、湿布などをすることで、エッセンシャルオイルの成分が、皮膚から浸透して、血管やリンパ管に入り、血液の流れに乗り体中に広がっていきます。
皮膚には表皮と真皮の間に、保護膜があり、水分が紫外線をカットする働きがありますが、エッセンシャルオイルは分子構造が小さく、親油性ですので通過できるのです。

全身が毛に被われているワンちゃんには、皮膚からの成分吸収はそれほど多くありません。
でもアロママッサージは、毛並みや血行をよくしたり、同時に香りも嗅ぐことになるので、とても効果的です。

 

Q. 自分用のエッセンシャルオイルや、キャリアオイルを使ってもいいですか?
A. もちろんお使いいただいて大丈夫です。

 

Q. エッセンシャルオイルをそのまま身体につけてあげてもいいですか?
A. 原液をそのまま身体につけることはできません。
エッセンシャルオイルは、植物の香りと成分をギュッと濃縮したものです。
お使いになるときは、キャリアオイルなどで、規定まで薄めてからお使いください。

 

Q. エッセンシャルオイル、アロマオイルなどは、ネコにも使っていいですか?
A. ネコは、自分の毛に、他の物や香りがつくのが好きではありません。
普通のマッサージをしてあげることは、とてもいいことですが、精油などを使ったアロママッサージはおすすめしません。
ネコや、そのほかの動物にはお使いにならないでください。