パック・スクラブの作り方

肌の老廃物や古くなった角質を取り去るスクラブは、週に1度のお楽しみです。 ドライハーブやフルーツパウダーを使うと、見た目もきれいで贅沢な気分になれます。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)

紫外線や乾燥でダメージを受けてしまったお肌に、コウジ酸入り塗る美白クリームマスクを作ってみました。

コウジ酸は、お肌のトーンアップや、加齢からくるシミや乾燥にも役立ちます。

混ぜるだけの簡単クリームマスクなのに、洗い上がりは肌がしっとりもちっとして、しっかり潤ってるのが実感できます。

材料
作り方
クリームマスクベースにコウジ酸を加え、よく混ぜる。
メディテーション精油を加える。
よく混ぜて完成。
ringa ringa's Memo

このクリームマスクは、濃厚なのにとても伸びがよく、肌にスーッとなじみます。

こころの底からリラックスしたくて、瞑想用の精油で香りづけしました。
爽やかなウッディフローラル調の香りです。

お好みの精油に変えても大丈夫です。

How to Use

「クイックケア」

洗顔後、適量(小さじ1ほど)を取り、顔全体にやさしくマッサージしながら伸ばします。
クリームの白さが残る、肌が透けない程度の厚さで、たっぷり塗ってください。

10分ほど待って、ぬるま湯で洗い流します。
軽くティッシュオフしてもOK。
その後は、普段どおりのスキンケアを。

落とす目安は、ヌメヌメ感が落ちて肌がしっとりする程度。
美容成分まで取らないのがコツです。

「特に乾燥がひどいとき」

乾燥や荒れがひどいときには、マスクを塗ったまま、洗い流さずにそのまま寝てしまっても大丈夫です。

寝てる間に、油分や美容成分が浸透します。
翌朝、余分なものがあったら、洗顔のときに落としてください。

「お風呂に入りながら」

まず最初に洗顔して、クリームマスクを塗ります。
お風呂を済ませたら、洗い流してください。

お風呂の蒸気の力で、美容成分が肌の奥まで浸透します。
お風呂の後は、いつものスキンケアを。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。