アラフィフ専用の作り方

アラフィフのスキンケア

私って、世間では、アラフォーっていうんだ~!なんて思っていたら、今度はもう、すっかりアラフィフ。 あっという間です。 まだまだ若いつもりでいたのですが、世間から見たら、すっかり歳をかさねた女性の一員。 ちょっと置いて行かれちゃった感がして、せつないです。 だからって、あきらめてはいけません。 歳を重ねたアラフィフ世代だからこそ、スキンケアやメイクアップをしっかりする。 「自分に時間と手間をかけて、見た目をととのえること。」って、とっても大事だと思うんです。 だって、素の状態では、アラフィフの肌も体形も、やはり年齢に応じてきてしまうし、どうしたって 若さにはかなわないですから。 だからこそ、手間をかけてスキンケアして、メイクアップをして、お気に入りの香りをまとって、 堂々としたアラフィフ女性でいてほしいです。 アラフィフの意地です。笑。 それに、女性は自分の見た目がととのうと、こころに余裕ができるそうなんです。 更年期など身体の不調に悩まされがちな私たちアラフィフ。気持ちに、少しでも余裕ができるなら、 しっかり自分を磨いて、優雅な50代女性になりたいなって、思うこの頃です。

情けない印象に見えてしまうシワ

あんまりイライラするタイプじゃないから、眉間にしわはできないかなーなんて、楽天的に考えていたのですが、しっかり縦に2本しわが入ってしまっていました。。。

しかめっつらをするだけでなく、目が悪い方も無意識に目を細めるので、しわが入りやすいそうです。
確かに最近、携帯やデバイスの画面が見づらいので、きっと無意識に眉間にしわを寄せてしまっているんだと思います。

眉間のシワだけでなく、唇の上にも縦にしわができてしまいました。
これは、唇を閉じたまま笑うクセからできてしまったもようで、ちょっと情けない顔にみえてしまい、残念な印象になってしまいます。

表情しわには、アルジルリンです。
ナイトクリームベースに加えて、夜用のクリームを作りました。

表情しわの気になる私たちアラフィフの強い味方のクリームです。

材料
作り方
ナイトクリームベースに、アルジルリンを加える。
アンチエイジングブレンド精油を7,8滴加える。
よく混ぜて完成です。
ringa ringa's Memo

ちょっと水分が多い感じがするクリームですが、保湿力は抜群です。
朝の肌がふっくら若々しくなります。

How to Use

夜、スキンケアの最後に、表情しわが気になる部分に、丁寧に塗ります。
しっとりとした塗りごこちで、表情しわだけでなく、乾燥からくる小さなしわも改善してくれる感じがします。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。