グリセリンソープの作り方

溶かして固めるだけのグリセリンソープを使った、オリジナル石けん作り。 Melt&Pour(溶かして注ぐ)の略で、M&Pソープとも呼ばれます。 アイディア次第で手軽に作れます。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)

グリセリンソープの楽しみ方好みの形、香りに

溶かして、固めるだけで、いろいろなバリエーションが楽しめるグリセリンソープです。
まずは、基本的な作り方の紹介です。

材料
  • 【】
作り方

グリセリンソープ(M&Pソープ)を、溶けやすいように、約2cm角程度に、小さくカットします。

1.を耐熱容器に入れ、電子レンジ、または、湯銭にかけて、溶かします。

電子レンジを使う場合は、10秒ずつ程度、様子を見ながら加熱してください。

グリセリンソープが溶けたら、ラベンダー精油を加え、混ぜ合わせます。
通常、精油は1滴=約0.05ml落ちます。

グリセリンソープ100mlの場合、精油は10~30滴が目安です。

3.を、グリセリンソープ型に流し込みます。

流し込んだグリセリンソープの表面に出来る泡が気になる場合は、無水エタノールをスプレーすると消えてくれます。

しばらく冷まして固まったら、型から取り出します。

ラベンダーの香りがリラックスを誘う、白いスターソープの完成です。

ringa ringa's Memo

コロコロとしたかわいい星型の石けんが出来上がります。
精油は、もちろんお好みのものをお使いいただいて大丈夫です 。

オリジナルでブレンドするのも楽しいです。肌タイプ別精油

グリセリンソープを流し込む型には、熱に強いものであれば、プリンの型などもお使いいただけます。
少し柔らかめの型の方が、出来上がりを出しやすいです。

型から出にくいときは、冷凍庫でしばらく冷やすと、出しやすくなりますよ。
溶かして固めるだけなので、いろんな型を使って、お子さんとも一緒に楽しめるグリセリンソープです。

  • 真正ラベンダー精油
    真正ラベンダー精油は、爽やかではっきりとしたフローラル系の香りです。
    リラックス効果や、消毒効果が高いとされ、アロマテラピーやスキンケアにもっとも良く使われる精油ひとつです。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。