クリーム(本格的)の作り方

植物性乳化ワックスを使う、本格的な手作りクリームの作り方です。 初めて作る方は、「作り方のポイント」も参考にしてみてください。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)

しっとりアイクリーム乾燥、しわの気になる目元に

ヒアルロン酸原末とコエンザイムQ10の人気の有効成分を使った、目元用の手作りクリームレシピです。
気になる目元の乾燥、しわ対策に作ってみました。

材料
作り方
マカダミアナッツオイル、シアバターと、植物性乳化ワックスを、耐熱容器に入れます。

別の耐熱容器に、ネロリウォーターを入れます。
1.を同時に、湯銭にかけます。
温まってきたら、マカダミアナッツオイル、シアバターと、植物性乳化ワックスを、良く混ぜて溶かします。
溶けたら、よく温まったネロリウォーター(60~70℃)を、植物性乳化ワックスの溶けたオイルに、加えます。
カプチーノクリーマーや、泡だて器で、乳化して、クリーム状になるまで、よくかき混ぜます。

左写真のようになるまで、ミルククリーマーで、5~10分程度です。
クリーム状になったら、 ヒアルロン酸原末100を加えます。
出来上がったクリームに、パラパラと、固まりが出来ないように、ふりかけてください。

良く混ぜ合わせたら、ヒアルロン酸原末100が、クリームと馴染むまで、10分程度しばらく待ちます。
ヒアルロン酸原末が馴染んで、よく混ざったら、コエンザイムQ10を加えて、よくかき混ぜます。
ネロリ精油、 ラディッシュエクストラクト(オプション)を加えて、最後に、もう一度良く混ぜ合わせると、出来上がりです。
栄養たっぷり、クリーム色のアイクリームに仕上がります。

ブルーコスメ容器に入れてみました。
ringa ringa's Memo

こってりとした質感の、黄色っぽいクリームが出来上がります。
割と固めのしっかりしたクリームです。

ヒアルロン酸、コエンザイムQ10と、栄養たっぷりのアイクリームなので、乾燥や、しわが気になる
目元用対策として、活躍すると思います。

今回は、贅沢にネロリ精油を使いましたが、ドライスキン精油プレミアムブレンドもおすすめです。
もちろん、お好みの精油でもOKですよ。

洗顔、化粧水後の、お休み前のお手入れに、お使いください。
次の朝、しっとり、もちもちとした感じになるのではないかと思います。

冷蔵庫に保存して、1 ,2週間程度で使い切ってください。
保存料のラディッシュエクストラクトを加えた場合は、約半年間保存可能です。
ヒアルロン酸を使用していますので、GSEは使用できません。

  • ヒアルロン酸原末100
    保存料など無添加の、ヒアルロン酸100%の原末です。
    ヒアルロン酸は、その重さの500倍の水分を保持することができ、保湿剤として高い効力を持ちます。
  • コエンザイムQ10
    コエンザイムQ10は、抗酸化力を持ち、老化(特にシワ)を防止します。
    加齢により減少する、コラーゲンやエラスチンの生成を助け、肌にハリとツヤを与えるとされます。
  • ネロリプレミアム精油
    一度嗅ぐと、忘れられないような、幸福感漂う、フローラル調の素敵な香りです。
    肌の弾力性を高めるとされ、よくスキンケアに使用される精油です。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。