クリーム(本格的)の作り方

植物性乳化ワックスを使う、本格的な手作りクリームの作り方です。 初めて作る方は、「作り方のポイント」も参考にしてみてください。 (大さじ=15ml、小さじ=5ml)

ヒアルロン酸クリーム乾燥、老化対策に

ヒアルロン酸原末100を使って、クリームを作ってみました。
べたつかずにしっとり保湿してくれる、乾燥する季節にお助けの手作りクリームのレシピです。

材料
作り方
まずは、ヒアルロン酸原末を溶かした水溶液を作ります

[C]の材料、精製水を小皿に入れて、ヒアルロン酸原末100を、できるだけダマにならないように、ぱらぱらと加えます。
小さな泡だて器などで混ぜ合わせて、ヒアルロン酸を溶かし、とろとろの液体、ヒアルロン酸溶液を作ります。

ヒアルロン酸原末は、溶けるまで少し時間がかかります。
[A]と[B]を、それぞれ別の耐熱容器に計量し、湯煎にかけます。

[A]の植物性乳化ワックスが溶けたら、軽く混ぜて、ホホバオイルとよく混ぜ合わせます。
60~70℃に温まった[B]を 、[A]に加えて、 ミルククリーマーや、泡だて器で、クリーム状になるまで、よくかき混ぜます。
クリーム状になったら、 手でしばらく混ぜて、クリームの中に入った空気を抜きます。

しばらくそのままの状態で置いておき、クリームを室温くらいまで下げます。
4.のクリームに、1.で作ったヒアルロン酸溶液を加えて、よくかき混ぜます。
精油、 ラディッシュエクストラクトを加える場合は、ここで加えて、さらによく混ぜ合わせたら出来上がりです。

清潔な保存容器などに入れて、保管してください。
ringa ringa's Memo

ヒアルロン酸は、水分に溶けるまで少し時間がかかるので、時間に余裕を持ってクリーム作りをはじめてください。

レシピでは、贅沢にローズ精油を使いましたが、お好みの精油でも、もちろんOKです。

そのほか、有効成分を加えて、もっと贅沢なクリームにすることも可能です。
オリジナルレシピをお楽しみください。

冷蔵庫保存で、1,2週間を目安にお使いください。
保存料のラディッシュエクストラクトを加えた場合は、冷蔵庫保存で6ヶ月程度保存可能です。

  • ヒアルロン酸原末100
    保存料など無添加の、ヒアルロン酸100%の原末です。
    ヒアルロン酸は、天然の多糖類で、その重さの500倍の水分を保持することができ、保湿剤として高い効力を持ちます。
  • ホホバオイルバージン
    すべての肌質に合う、さらっとしてべたつかず、ソフトな使い心地でとても人気のあるオイルのひとつです。
    コラーゲンに似た皮脂に近い成分なので、肌への浸透がよく、皮脂のバランスを整えます。
    未精製のホホバオイルです。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。