アラフィフ専用の作り方

アラフィフのスキンケア

私って、世間では、アラフォーっていうんだ~!なんて思っていたら、今度はもう、すっかりアラフィフ。 あっという間です。 まだまだ若いつもりでいたのですが、世間から見たら、すっかり歳をかさねた女性の一員。 ちょっと置いて行かれちゃった感がして、せつないです。 だからって、あきらめてはいけません。 歳を重ねたアラフィフ世代だからこそ、スキンケアやメイクアップをしっかりする。 「自分に時間と手間をかけて、見た目をととのえること。」って、とっても大事だと思うんです。 だって、素の状態では、アラフィフの肌も体形も、やはり年齢に応じてきてしまうし、どうしたって 若さにはかなわないですから。 だからこそ、手間をかけてスキンケアして、メイクアップをして、お気に入りの香りをまとって、 堂々としたアラフィフ女性でいてほしいです。 アラフィフの意地です。笑。 それに、女性は自分の見た目がととのうと、こころに余裕ができるそうなんです。 更年期など身体の不調に悩まされがちな私たちアラフィフ。気持ちに、少しでも余裕ができるなら、 しっかり自分を磨いて、優雅な50代女性になりたいなって、思うこの頃です。

外出先で、肌がかさっとする。そんなことが増えてきました。
外気温や風、いろんな要因がありますが、肌の表面がかさついてしまうと、ファンデーションがうまく塗れなくて、目立ってしまいます。

ターンオーバーがうまくいかないのも、もちろん原因のひとつなのだろうと思うのですが、そこを小さな努力でうまく乗り切るのが、アラフィフ世代だと思うんです。
バッグに一個、頼れるクリーム美容液を入れておいたら万全。かさつきを感じたら、メイクの上からでも、軽く塗っておいたら、次の日には元通りです。

 

 

材料
作り方
デイリークリームにビタミンAマイクロカプセルを加える。
真正ラベンダー精油を3,4滴加える。
よく混ぜて完成です。
ringa ringa's Memo

つやつやとしたちょっとだけ粘度があって、ジェル感をかんじるクリームです。
はじめは、こってりと重ためのクリーム美容液のような感じがしますが、実際に塗ってしばらくすると、ぴたっと肌にすいついて、クリームが消えてしまいます。
肌がピカピカになるアラフィフには必需品のようなクリーム美容液です。

How to Use

洗顔後、化粧水のあとに顔全体に塗り広げて使います。
日中乾燥が気になったら、乾燥している部分に、メイクの上から塗ってつかってください。
メイクの崩れが気になる場合は、クリームの上から、パウダーをはたいたらOKです。

※掲載レシピは、リンガリンガの手作りコスメ材料を基に作成しています。
リンガリンガの商品でない場合、同じ商品名でも、同じように仕上がらない場合があります。

手作りでも、必ずすべての方のお肌に合うということではありません。
はじめてお使いになるものは、頬の耳側の所などで、パッチテストをしてから、安心して楽しくご使用ください。