□fe クレマチス No.77 10ml(2021年の魂の学び)

(1 件のレビュー)

¥3,300

クレマチスは、保護のエッセンスです。
このフラワーエッセンスを通して、あなたは自分を表現すること力を授かります。

獲得ポイント 17 注文完了で獲得できます。

説明

さま(生年月日)
2021年の魂の学びと課題の診断結果

2021年は、自分クリエーションする年です。
古い価値観や行動は手放して、新しい自分を築きあげるタイミングがやってきました。

指針の1つとして、この魂の学びと課題をご活用ください。

2021年の魂の学びと課題:ユーモア

  • 自分の力を、表現する能力を身につける。
  • 物質的なこと、身体的なことにまつわる不安を解消する。
  • 自由になるために学ぶべきこと、必要なことを得る。
  • 肉体的な平和。

 

「魂の思いグセ、ネガティブな感情のパターン」

  • 身体的なエネルギーの不足を感じる。
  • 身動きが取れない、コントロールされている、閉ざされている。
  • 否定、恐れや欲求につかまる。
  • 他者からの強い影響、または、ネガティブな人の影響を受ける。
  • 他者の魔法にかかる、操られる。
  • 人生が散らかっている。ユーモアをなくしている。
  • 自己嫌悪、依存、執着、妄想、ウツ。
  • 感情のコントロールを失う。
  • 嫉妬、抵抗、怒り。

さまの2021年の魂の学びと課題をサポートするエッセンスはこちらです。

No.77 クレマチス

英名:CLEMATIS  学名:Clematis paniculata

クレマチスは、保護のフラワーエッセンスです。

本当の自分を表現する助けとなります。


「2021年の学びをサポートするエッセンスとは」

私たちは、魂のレベルを上げるための課題を持っています。
このNZフラワーエッセンスは、その年の課題を受け取り、学びをサポートするためのものです。
毎日をより良いものにして、人生の素晴らしい経験をするお手伝いをします。


2021年に、このフラワーエッセンスがサポートする学び。

・知る事の恐怖に、打ち勝つ。
・正しいことから、間違っていることまで理解する。

・混乱した状態から、抜け出す方法を作り上げる。
・恐れからの精神的な解放、自由。

・影を識別することによって、ポジティブに動く。
・退化ではなく、進化を選ぶ。

・冷静沈着、順序と連帯感。
・自分の性格の弱い部分から、自由になる。

・自信をなくさせる人間関係、状況から自由になる。
・守られている感覚、守護の光に護られる。

【NZフラワーエッセンスの使い方】
植物のエネルギーであるフラワーエッセンスは、飲むだけでなく身体につけても、癒しの波動を取り入れることができます。

お薬ではありませんので、ちょっとしたおまじない代わりとしても、気軽に楽しくお使いいただけます。
できれば、自然や太陽に「ありがとう。」と感謝しながら使ってみてください。


「そのまま飲む」
必要だと思った時に、ボトルから直接3滴ほどを、舌の下に落としてください。
気持ちが落ち着くまで、必要な回数飲んでいただけます。
飲みすぎるということはありません。


「飲み物に入れて」
お水やハーブティーなどに3滴ほど落として飲みます。
大切なパートナーの犬やネコには、飲み水などに3滴くらい落として飲ませてあげてください。


「からだにすり込んで」
お子さんや直接飲めない方には、腕などに数滴落として、すり込んで使ってもOKです。


「お風呂に落として」
お風呂に3滴ほど落として入浴しても、同じように植物のエネルギーを取り入れることができます。


「ヒーリングコスメ作りに」
手作り化粧水やクリームに加えて、オリジナルのヒーリングコスメもお楽しみいただけます。

【保存方法・内容量】
直射日光を避けて保管して、2年程度を目安にお使いください。
安全のため透明のフィルムでコーティングされています。

スポイト付きのアンバーボトル入りです。
10ml、約165滴分入り。
1回に3滴ずつ飲むと約55回分です。

フラワーエッセンスは、副作用、習慣性がなく、全く無害です。
薬ではありませんので、薬、治療、その他のセラピーと一緒に使えます。
医学的な治療等が必要な場合は、専門医に相談されることをおすすめします。

フラワーエッセンスは、保存のために18.5%のアルコール(ブランデー)を含みます。
アルコールが合わない方や車の運転等、ご自身の責任の範囲内でお楽しみください。

≫ご家族やご友人の無料診断もどうぞ。

 

1 に対するレビュー□fe クレマチス No.77 10ml(2021年の魂の学び)

  1. 年代:40代

    R.Yさま (承認)

    人からの“口擊(こうげき)”に心が負けず、その人が自分の元から去って行っても、悲しくもなく、冷静でいられました。その人が、私との関係で気づかなくてはいけない大事なことを、その人が気づけず、可哀想だと思えたほどでした。
    これに出合う前は、その人の“口擊”で落ち込むことが多かったですが、言い返すことが出来、心は安定し、大丈夫になれました。

レビューを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です