ホメオパシーレメディー(単品)

身体からの大事なメッセージ。

風邪や鼻づまり、軽い頭痛、大きくはないけれど不快な状態。
これは、「疲れすぎてるよ」とか「ストレスがたまってきよ」と、身体がメッセージをくれているんです。

せっかくの大事なメッセージを、頭痛薬や風邪薬で押さえ込んで、無視してしまわずに、いったん受け取って、それからホメオパシーでバランスを整えましょう。

ホメオパシーのしくみ

ホメオパシーは、「同種療法」と訳されています。
「症状を起こすものは、その症状を取り去るものになる。」という原則から、症状を起こす物質を、水やアルコールで気が遠くなるほどに薄めて、レメディーが作られます。

高度に希釈されているため、実際には、その物質の分子がごく少量、または、ほぼ存在しない程度(超微量)に薄められています。
ですから、ホメオパシーのレメディーは、お薬のような化学的作用はありません。

ホメオパシーでバランスを整える。

ホメオパシーは、人間全体のバランスを考え、感情や身体的を含めてすべてのバランスを整える療法。

これは、病気や感情の乱れを、その部分のみとして考える西洋医学と違う点です。
西洋医学では、病気の部分だけにフォーカスして考え、症状を押さえ込む、または、外科手術で取り除くということが行われます。

ホメオパシーは、病気による症状の治療というよりは、その人全体に対する療法になります。

赤ちゃん、妊婦さん、ご高齢の方にも。

化学的な成分を含んでいないので、赤ちゃんから ご高齢の方、妊婦さん、動物、誰でも安心して飲むことができます。

ホメオパシーは、自分の状態を観察してレメディーを選ぶことから、自分の体調や生活を、改めて見直す手伝いになります。

わたしにとってのホメオパシーは、「身体の声を無視せず、自分にやさしくする大事なツール」です。

日本語説明付の使いやすい。

風邪や軽いやけど、転んだりしたときの怪我など、病院に行くほどでもない急性のものは、ホメオパシーが大得意の分野です。

日本語の説明書付で、毎日の生活にとても役に立ちます。


「初めての方におすすめ」

発熱・悪寒、ショック ・パニック アコナイト30C

アレルギー、虫刺され、腫れ・関節の痛み エイピス30C

怪我・トラウマ、事故 アルニカ30C

突然の発熱・炎症、感染 ベラドンナ30C

子供に、痛み カモミラ30C

インフルエンザ、風邪・疲労感、筋肉痛、予期不安 ジェルセミウム30C

神経・外傷・噛み傷 ハイペリカム30C

悲しみ・落ち込み・別れ イグナシア200C

刺し傷・噛み傷・眼のあざ レダム30C

二日酔い・消化不良 ナックスボミカ30C

カタル性の風邪、はしか風邪 プルサティーラ30C

捻挫・節々の痛み・ヘルペス ラストックス30C


「インフルエンザ対策に」

インフルエンザの予防に アナスバーブ200C 

インフルエンザ、風邪・疲労感、筋肉痛、予期不安 ジェルセミウム30C 

インフルエンザなどによる、悪寒・節々の痛み ユーパトリウムパーフ30C

発熱・悪寒、ショック ・パニック アコナイト30C

ゆっくりの炎症・痛み、頭痛 ブライオニア30C

捻挫・節々の痛み・ヘルペス ラストックス30C


「花粉症、鼻水対策に」

水っぽい鼻水・涙 アリウムセパ30C

くしゃみ、胃腸の不調、心配事 アルセニカムALB30C

黄緑色の鼻水 アルセニカムIOD30C

鼻・のど アルムトリップ30C

鼻づまり アロンド30C

くしゃみ・鼻水・涙 デゥルカーマラ30C

涙・目やに ユーフレイジア30C

予期不安、インフルエンザ、風邪、疲労感・筋肉痛 ジェルセミウム30C

大量の鼻水 ナトラムムール30C

くしゃみ・匂いに敏感 サバディラ30C

すぐ乾く鼻水 スティクタ30C

口・鼻・喉が痒い ウェイシア30C


「咳のときに」

赤ちゃん、お年寄りの咳 アンチモニアムタルト30C

百日咳、発作的な咳 ドロセア30C

喘息的な咳、痙攣性の咳 イペカクアナ30C

消化器系の不調、咳・鼻血・出血 フォスフォラス30C

のどがむず痒くなるような咳 ルメックス30C

乾いて、しわがれた咳 スポンジア30C


「のどに」

突然の発熱・炎症、感染 ベラドンナ30C

消化器系の不調、咳・鼻血・出血 フォスフォラス30C

風邪の治りかけ ヘパーサルファ30C

飲み込みたくなるような扁桃炎・のどの痛み マークソル30C

魚の骨が刺さったような扁桃炎・のどの痛み ニトリックアシッド30C

耳・喉の痛み・おたふく風邪 フィトラカ30C


「旅行のときに」

発熱・悪寒、ショック ・パニック アコナイト30C

怪我・トラウマ、事故 アルニカ30C

くしゃみ、胃腸の不調、心配事 アルセニカムALB30C

突然の発熱・炎症、感染 ベラドンナ30C

乗り物酔い・時差ぼけ コキュラス30C

インフルエンザ、風邪・疲労感、筋肉痛、予期不安 ジェルセミウム30C

神経・外傷・噛み傷 ハイペリカム30C

二日酔い・消化不良 ナックスボミカ30C

風邪の初期段階 フェラムフォス30C

カタル性の風邪、はしか風邪 プルサティーラ30C

捻挫・節々の痛み・ヘルペス ラストックス30C

下痢・吐き気 ベラトラムアルバム30C


「スポーツのときに」

怪我・トラウマ、事故 アルニカ30C

アレルギー、虫刺され、腫れ・関節の痛み エイピス30C

突然の発熱・炎症、感染 ベラドンナ30C

体のこわばり、陰茎の負傷 ベリスペレニス30C

ゆっくりの炎症・痛み、頭痛 ブライオニア30C

衰弱、気絶 カーボベジタビリス30C

筋肉の痙攣・足のつり クプルム MET30C

神経・外傷 ハイペリカム200C (同じ30Cのタイプより、作用が高いとされます。)

消化器系の不調、咳・鼻血・出血 フォスフォラス30C

捻挫・節々の痛み・ヘルペス ラストックス30C

打撲による骨の痛み ルタグラヴ30C

骨折・眼球の損傷 シンファィタム30C


「緊急時、事故などのときに」

緊急時、助けが必要な時 レスキューエッセンス

悲しみ・落ち込み・別れ イグナシア200C (同じ30Cより作用が高いとされます。)

恐怖・ショック アコナイト200C (同じ30Cより作用が高いとされます。)

虫刺され・アレルギー エイピス200C (同じ30Cより作用が高いとされます。)

怪我・トラウマ アルニカ200C (同じ30Cより作用が高いとされます。)

衰弱・低体温 カーボベジタビリス200C (同じ30Cより作用が高いとされます。)

神経・外傷 ハイペリカム200C (同じ30Cより作用が高いとされます。)

出血・嘔吐 イペカクアナ200C (同じ30Cより作用が高いとされます。)

無意識・無呼吸 オピウム200C (同じ30Cより作用が高いとされます。)

出血 フォスフォラス200C (同じ30Cより、作用が高いとされます。)

捻挫・節々の痛み・インフルエンザ ラストックス200C (同じ30Cより、作用が高いとされます。)

火傷 ウルティカ200C (同じ30Cより、作用が高いとされます。)


「飛行機旅行のときに」

緊急時、助けが必要な時 レスキューエッセンス

乗り物酔い・時差ぼけ コキュラス30C

インフルエンザ、風邪・疲労感、筋肉痛、予期不安 ジェルセミウム30C

怪我・トラウマ、事故 アルニカ30C

捻挫・節々の痛み・ヘルペス ラストックス30C

体のこわばり 、陰茎の負傷 ベリスペレニス30C


「犬、猫に」

犬猫の手術、怪我・トラウマ アルニカ200C (同じ30Cより作用が高いとされます。)

犬猫の体調不良・フケ・湿疹 アルセニカムALB30C

犬猫のケンカ・傷 アニマルバイトコンビネーション

犬猫の関節炎、リウマチ、筋肉痛 ラストックス30C

犬猫の関節炎・乾き ブライオニア30C

犬猫の衰弱、気絶 カーボベジタビリス30C

犬猫の乗り物酔い・時差ぼけ コキュラス30C

犬猫のインフルエンザ、風邪、出産時 ジェルセミウム30C

犬猫の化膿・感染症 ヘパーサルファ30C

犬猫の噛み傷、神経 ハイペリカム30C

犬猫の悲しみ・別れ イグナシア30C

犬猫の腸炎・下痢 マークコール30C

 

58件中1–12件を表示中