□hn アクティブマヌカハニーMGO300+(UMF11+) 250g

¥5,200

南島西海岸産のプレミアムMGO300+(UMF11+)。
ピロリ菌、バクテリア、健康維持管理に。
濃厚な甘い香りでも、甘すぎずさっぱりとした味わいです。

数量限定入荷

在庫あり

獲得ポイント 26 注文完了で獲得できます。
商品カテゴリー: 商品タグ:

説明

プレミアムな西海岸のマヌカハニー

このアクティブマヌカハニーMGO300+は、ニュージーランド南島の西海岸で収穫されました。

マヌカハニーとは、ニュージーランドの原産植物「マヌカ」から採れるハチミツのこと。

限りなく汚染のない西海岸。
広大な原生林に囲まれ育ったマヌカ林を、元気に飛び回ったミツバチたちが集めたマヌカの蜜です。

この地域で採れるものは、栄養素たっぷりで、最高品質のマヌカハニーになるといわれます。

とても希少な ”アクティブ” マヌカハニー

マヌカの花が咲くのは、南半球が夏になる11月から12月にかけての4週間ほど。
採取できる期間がとっても限られた、貴重なハチミツです。

もともとハチミツには、抗菌力が実証されていて、マヌカハニーは、さらに強い作用を持ってます。

その中でも、最上級グレードには”アクティブ”という冠名がついてます。

通常のマヌカにはない、さらなる抗菌物質を含んでいて、その抗菌力は、GMO○○やUMF○○といった数字で表されます。
(有効性を表す単位で、数字が高くなるとより効果が期待できます。)

数値が高いものは生産量が少ないため、マヌカハニーの中でも別格扱い。
こちらの医療では、GMO263(UMF10)以上のアクティブマヌカハニーを、患者さんに使うところがあるほどです。

高品質マヌカハニーを、毎日の健康に。

リンガでは、健康にも手作りコスメにもマヌカハニーを使います。
お薬ではないので、変化に個人差はありますが、こんな理由がありました。

<ピロリ菌・バクテリア>
特に慢性胃潰瘍、慢性胃炎、胃がん、歯周病など原因となるピロリ菌に対して、通常のハチミツの8倍の効果が期待できるといわれます。

傷の感染原因のバクテリアに対しては、2倍の効果が期待できるようです。

<のどのイガイガ、痛み>
のどの痛みを引き起こすストレプトコックスに対しても、大きな効果を示すことが分かってきました。
のどが痛くなったら、マヌカハニーを舐めます。

<殺菌力>
通常のハチミツは、体内に入ると酵素分解されて殺菌力が弱まります。
でもアクティブマヌカハニーでは、分解されないので殺菌力は強いまま。

<風邪の予防、免疫力低下に>
扁桃腺炎、風邪、食中毒、免疫力低下による感染症予防に。
ニュージーランドの人は、小さじ1杯のマヌカハニーをそのまま飲みます。

<アトピーに>
アレルギー、吹き出物、ニキビなど。
軟膏クリームと同じように、直接塗るかガーゼに湿布して貼るといいようです。

<食べてもおいしい健康食品>
普通のハチミツよりも、色や風味が濃くて甘さ控えめ。
くせになるおいしさ。
無駄に精製されていない固めな感じです。
パンに塗って、紅茶に入れて、料理の甘味料にも。

※生ものですので、1歳未満の乳児の飲用はできません。
少量では問題ないはずですが、糖尿病の方は、念のためお医者さんにご相談ください。

    

<コスメ作りの保湿剤に>
手作りコスメでは、保湿・殺菌目的で使います。
肌質によっては、保湿剤の選択もあったほうがいいので、その1つにマヌカハニーを加えてください。

「化粧水に加える目安」
化粧水100mlに対して、マヌカハニー小さじ1/2~1程度。

唇ぷるぷるリップパック。

古い角質を落とすピーリングや保湿効果に期待した唇パックです。

「やり方」
マヌカハニーを少量指先にとって、リップのように唇にのばします。
乾燥が気になる方は、その上から小さく切ったラップをのせて5分おきます。

舐めてもいいですし、軽く洗い流したらおわり。
ぷるっとしたふっくら唇の完成です。

ここニュージーランドで購入できる以上の新鮮さをお届けします。

マヌカから採れたハチミツだけで、その他の植物のハチミツは一切含まない100%ピュア。

専門検査機関で、厳しい成分数値テストをして、GMO300(UMF11)以上が証明されたマヌカです。

ニュージーランドにいるからリンガだからこそ、現地の養蜂園と直接取引きをして築いた信頼関係。

正真正銘の”アクティブ”マヌカハニーを直送します。

「保存の目安」冷暗所保管で2年以上

 

レビュー

レビューはまだありません。

“□hn アクティブマヌカハニーMGO300+(UMF11+) 250g” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です