□ar クール&カームティー

¥150¥12,180

女性ホルモンの分泌変化が与える、心身が不安定な状態(更年期)を
サポートするハーブティー。
体温の調節を助け、気持ちを鎮静しリラックスさせます。
清涼感のある、少しビターなテイストです。

※1杯分に便利なティーインフューザーはこちら

解除

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ: ,

説明

更年期に、女性ホルモンの分泌状態の変化が与える、身体的、精神的に不安定な状態(更年期障害)をサポート。

体温の調節、維持を助け、また気持ちを鎮静し、リラックスさせます。
変化のとき(更年期)を迎えた女性のための、オーガニックの健康茶です。
(お薬ではありません)

閉経前後の不定愁訴(更年期障害)を乗り越えるため、サポートとなるオーガニックハーブティーです。

 

更年期障害として表れやすい状態。

  • 疲れやすくなる
  • ほてる、よく汗をかく
  • 怒りっぽい
  • 息切れ、動悸を感じる
  • 気分が滅入ったり、落ち込んだりする
  • 寝つきが良くない
  • 足腰の痛みや、肩こりを良く感じる
  • からだが冷えやすくなる

 

一般に更年期は、ご自分の親御さんへの世話・介護、お子さんの結婚・独立などが、生活に変化の多い時期でもあります。

まだ若い頃は、生活の変化にも対応することができていたのに、更年期には、女性ホルモンの分泌状態に変化が起こり、身体も精神的にも不安定になってしまい、うまく対応することが難しくなります。
そのため、更年期症状を引き起こしてしまうケースが多くあるようです。

 

 

更年期障害へのナチュラルサポート。

更年期は変化のときです。
楽しく、充実するためには、更年期に対する前向きな心構えと備えが必要です。
健康的な食事、ストレス管理、規則的な運動など、分別のある生活習慣を心がけます。

自然療法は、更年期の症状を減らすだけでなく、心臓病や骨粗しょう症のリスクも同時に減らすことができるため人気となりました。
食事とハーブは、更年期の不快症状に直接的に影響します。

植物性のエストロゲンを多く含む食品または、内因性のエストロゲン生成をサポートする食品を多く摂取すると、ほてりや膣炎が減少します。

大豆やいんげんなどの豆類、また、スプラウト 、アルファルファ、ライ麦、そば、きび、ごまなど、全粒の食物などを多く摂るようにしてください。
辛い食べ物、コーヒー、タバコを避けます。

 

更年期も楽しく過ごすために。

週に1~2回の運動も、更年期障害を軽減します。
良好な友人関係、夫婦関係を持つことも、精神的に良い影響を与え、更年期を楽しく過ごすことができるようです。

更年期になると、卵巣からのエストロゲンの分泌が減少するに伴って、代わりに副腎腺と甲状腺が内因性のエストロゲンを製造します。

甲状腺の健康のために海藻をたくさん摂るようにし、副腎腺の健康のためは、リコリス、セントジョンズワートなどのハーブと、ビタミンB(特にビタミンB6)を 摂って、ストレスマネージメントをすることも重要です。

バランスのとれたハーブを摂り入れ、生活習慣に気をつけて、更年期を心身ともに、健康的に乗り切りましょう。

 

クール&カームティーのテイスト。

ちょっと清涼感を感じさせる渋味が特徴です。
最初は渋く感じるかもれませんが、慣れるととても美味しくなる茶です。

もちろん冷やしてもお召し上がりいただけます。
ブレンドハーブティーならではの、深い味わいもお楽しみください。

 

お薬だけに頼らない、こころとからだの健康管理。

オーガニックのハーブティーで、お薬だけに頼らないナチュラルケアを。
病気になる前の日頃の習慣がとても大切です。

毎日のコーヒー、緑茶代わりとして、気軽に続けてみてください。
季節の変わり目に起こりやすい悩みが解消して、健康的な毎日を送っていただけると思います。

ハーブの成分と、カフェイン抜きの生活で、身体も軽やかに。
身体を癒すことで、気分まで明るくなります。

 

ニュージーランドで作っています。

ニージーランド南島のダニーデンという美しい町で、サンドラとポールが作ってます。
リンガリンガとは、毎年春と秋の2回、ハーブについての意見を交換し合います。

数百年続くヨーロッパの伝統的な方法に基づき、3年間のトライアルを経て、現代人にも合うように、細かな改良を加えられたオリジナルレシピです。

偏りが出ないように、すべて手作業で、丁寧に厳密にブレンドされてます。

  

ティーバッグに入っていません。

このハーブティーは、ティーバッグに入っていません。
市販品は、ティーバッグがフィルターの役目をして、せっかくのハーブの有効成分が、お茶に広がるのを妨いでしまいます。

ルースの本格的なハーブティーは、味 、風味が違います。

手にしたときのあたたかみ、ハーブの質の高さ、携わっている人たちのエネルギー、そしてニュージーランドの大自然を感じ取っていただけるはずです。

ハーブティーがはじめての方にも、おいしくお召し上がりいただけます。

 

おすすめの飲み方。

クール&カームティーを取り入れるには、1日に3杯を目安に、新しいホルモン形態に体が慣れるまで、継続して飲んでください。

もちろん状態維持のために、毎日続けて服用することも可能です。

 

飲用の注意点。

更年期、閉経期を迎えた女性のためのお茶です。
ただし、使用されているハーブにアレルギーなどがないか確かめて、ご自身の責任の範囲内で楽しくお飲みください。

ハーブティーはお薬ではありません。
特定の症状がなくても、日頃から気軽に飲める健康茶としてお飲みいただけます。
気になる症状が改善しないなどの場合は、専門医にご相談されることをおすすめします。
効果・効能につきましては、個人差があります。
ハーブ自体は一般的なものを配合していますが、万一合わない場合は、ご使用を中止して医師にご相談ください。

 

クール&カームティーの入れ方。


1杯あたり、ハーブ小さじ1を、ティーインフューザーやティーポットに。


沸騰したお湯を加えて、5~10分間抽出。


あたたかいうち、また、お好みで冷やしてお召し上がりください。

 

 

【原材料】
ホップ、セージ、セントジョンズワート、リコリス、ヤロー、ラベンダー

すべてのハーブは、オーガニック(無農薬)、または自生ハーブです。
カフェインフリー、着色料、香料、保存料、遺伝子組み替え植物一切不使用。
動物実験も行っていません。

ニュージーランド政府が100%出資するオーガニック認証団体「Asure Quality」から、厳しい検査を経てオーガニックの認証を受けています。

※すべて重さで計量されているので、原料のハーブによっては、同じ重さでも見た目の量が違う場合があります。

 

【保存方法と長期保存のための処理法】
保管の際には、虫の付き易いお米や小麦粉などの食品とは離して、ご使用後はしっかり封をして、直射日光や湿気のない冷暗所に置いてください。

使用するオーガニックハーブには、ブレンドごとにバッチナンバーを付けてチェックし、厳しく品質管理しています。

「ハーブのフリーズ処理」
ブレンド前に、-20℃に保たれたフリーザーに4日間保管して、ハーブについている可能性のある虫やその卵などを完全に死滅させています。
そのため製品後に、虫などが発生することなく、長期(1~2年)に渡って保存が可能です。

蒸し暑い時期は、お米や小麦粉などに虫が付いたりすることがあるように、無農薬のハーブティーにも外部から虫が寄って来ることがあるかもしれません。
念のため長期間保管の際は、茶筒やビンなどの密封容器に移して、冷蔵庫等で保管されることをおすすめします。

 

【消費期限の表記】
賞味期限は、30g、150gそれぞれのパッケージの底側に表示されています。

「BEST BEFORE」の下に、「日、月、西暦」の順で書かれています。
例:「01.12.20」の場合は、「2020年12月1日」です。

通常、1~2年ほど保存できます。

 

ブレンドされているオーガニックハーブの説明。

以下の紹介文はNZで一般的にいわれているものであり、それぞれのハーブ、または、ハーブティーの特定の効果、効能を説明するものではありません。

・ホップ Hops  (学名:Humulus lupus)
スムースに閉経期を迎えるために、伝統的に使われているハーブです。
植物性のエストロゲン様作用が、内因性のエストロゲンの減少に伴うたくさんの症状を和らげるとされます。
ホットフラッシュ(突然の汗やほてり)の原因となる黄体化ホルモンの上昇を抑え、ほてりや動悸、発汗にともなうストレスを減少させ、鎮静作用で、不安、緊張、イラつき、頻脈をしずめるといわれます。

・セージ Sage  (学名:Salvia officinalis)
多すぎる発汗を抑えるハーブ。
植物性のエストロゲン様作用が、更年期障害のほてりや寝汗を抑えるとされます。
また、伝統的に精神的な疲労の特効薬として使用され、思考を明瞭にし、記憶力をアップするといわれます。

セントジョンズワート St.John’s Wort (学名:Hypericum perforatum)
更年期の女性にとても役立つといわれるハーブです。
更年期のストレス、不安、緊張と疲労感を緩和し、リラックス感を与え、夜ゆっくり眠れるようになります。
やさしい利尿、収斂作用を持ち、むくみや過多月経にもよいとされます。

・マザーワート Motherwort  (学名:Leonurus cardiaca)
不安感や不眠、動悸など、内因性エストロゲンの減少にともなう不快症状を和らげるとされます。
また神経系に対する鎮静力を持つといわれ、リラックス効果の高いハーブです。

・リコリス Licorice  (学名:Glycyrrhiza glabra)
リコリスの有効成分は、人体の内分泌系に類似し、グリシルリジンを含むため副腎腺に有効といわれます。
卵巣からの内因性エストロゲンが減少すると、リコリスに含まれるステロイド成分が、エストロゲン前駆体を、更年期障害に有用なエストロゲン様をもつ物質に変化させるとされます。
ストレスへの適応力を高める効果をもつともいわれます。

・ヤロー Yarrow  (学名:Achillea millefolium)
子宮の細胞を強壮し、過多月経、不正出血などを減少させるといわれます。
殺菌力、抗炎症、抗痙攣力を持 つとされるハーブです。
利尿作用を持ち、膀胱炎を防ぐサポートとなるともいわれます。

・ラベンダー Lavender  (学名:Lavendula angustifolia)
イラつき、不安感、ストレスによく使用されるハーブ。
ホルモン変化に伴う、緊張性の頭痛、偏頭痛、不眠を減少させるといわれます。
感情のバランスをとり、気持ちを明るくしてくれます。

レビュー

レビューはまだありません。

“□ar クール&カームティー” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です